お中元
お中元,  贈り物・プレゼント・ギフト図鑑

お中元の喜ばれる贈り方

お中元はお世話になった人に感謝の気持ちを贈る日本特有の風習です。一般的に7月上旬から8月15日くらいまでに贈るものとされていますが、詳しい時期については地域によって差があります。そのため遠方に贈る場合は念のため注意が必要です。

喜ばれる贈り方とはどんなものでしょうか?『正しく贈ること』が基本となりますが、正しくとは何のことなのか?と頭を悩ませてしまいますよね。

具体的には物理的に許すなら、直接会って言葉を交わしながらお渡しすると大変喜ばれるはずです。しばらくご無沙汰しているならばなおさらでしょう。

次に、相手の嗜好を把握して贈ることです。苦手なものや嫌いなものまたアレルギー等がある場合もあります。関係によっては調べるのが難しい場合もありますが、できたら下調べをしてから贈るのが良いでしょう。どうしても分からない場合は当たり障りのないものを贈りましょう。

【お中元を贈る時期】

北海道 7月中旬~8月15日  
東北・関東 7月上旬~7月15日  
北陸 7月上旬~7月15日もしくは7月15日~8月15日 ※北陸内でも地域によって異なります。
東海・近畿・中国・四国 7月中旬~8月15日  
九州 8月上旬~8月15日  
沖縄 旧暦7月15日まで ※旧暦は毎年誤差がありますので調べてから贈ります。

 

現在は地域を超えて7月初め~8月15日の期間内に贈ることも多くなっています。流通の混雑などを考慮し年々早まる傾向にもあるため、関東では6月の終わりごろから贈る方もいるようです。同じ地域にお住いの相手ならそこまで気にすることもないかと思いますが、関東から九州へ送る場合は度は1か月ほど誤差があります。

送り先相手によってはマナー違反ととられることもあるため気を付けた方がいいでしょう。

 

■贈るタイミングを逃してしまった場合

北海道 8月15日~8/25日ごろまで 『残暑御見舞』
目上の方へは『残暑御伺』
東北・関東 8月8日立秋ごろまで 『暑中御見舞』
目上の方へは『暑中御伺』
北陸 早い地域の場合8月8日立秋ごろまで 『暑中御見舞』
目上の方へは『暑中御伺』
東海・近畿・中国・四国 8月15日~8/25日ごろまで 『残暑御見舞』
目上の方へは『残暑御伺』
九州 8月15日~8/25日ごろまで 『残暑御見舞』
目上の方へは『残暑御伺』
沖縄 8月15日~8/25日ごろまで 『残暑御見舞』
目上の方へは『残暑御伺』

 

立秋とは毎年決まった日に固定されているわけではなく毎年1日程度前後することがあります。大体ですが8月7日ごろ~8月22日ごろと覚えておくとよいでしょう。

関東のように早い地方では『暑中御見舞』として8月8日~8月15までに贈ります。贈り先が目上の場合『暑中御伺』とします。その他の場合は『残暑御見舞』とし、立秋以降8/25ごろまでに贈りましょう。贈り先が目上の場合『残暑御伺』とします。

この期間に正しく贈れば問題ないでしょう。

お中元

【贈る相手】                

両親・親戚・会社の上司・恩師の先生・仲人・感謝を示したい方・などお世話になっている方

両親や兄弟・義実家へ送る場合はそれぞれの考え方もあると思います。家族間でも贈るのは当然と考える方もいるでしょうし、他人行儀と感じて断られる場合もあるでしょう。今まで育ててもらった恩もあって贈りたい方もいるでしょうし遠方に住んでいてなかなか会えないので年に数回の贈り物で気持ちを表したい場合もあるでしょう。特に難しいのは言いたいことを言い合えない義実家かもしれません。何が正解か分からないケースが多いと思いますので、とりあえずマナー違反と思われるくらいなら送っておくのが正解かもしれません。

最近では会社の上司へ贈ることは減ってきているかと思います。社内でそうした贈答品を禁止しているところも出てきています。時代の変化ですね。

確かにお中元の文化は昔に比べてだんだんと贈る相手も縮小されている気がします。

【予算】

3,000円~5,000円程度を目安にするとよいでしょう。

特別な場合は10,000程度もしくはそれ以上のものを贈ることもあります。

 

【気を付けること】

『あまいものが食べられないのに、スイーツを贈ってしまった!』『お酒が飲めないのに、お酒を贈ってしまった!』『アレルギーがあるのにアレルゲンの品物を贈ってしまった!』なんていうことにならないように事前にある程度の好みや家族構成を聞いておくことが大切です。

基本的にはお中元を贈る相手には一度贈ると毎年贈ることになります。同時にお中元を贈った場合はお歳暮も贈るのがマナーとなります。どうしても一方にしたい場合は、一年の締めくくりであるお歳暮で気持ちを表すのが良いでしょう。1回限りなどという関係であれば、『お礼』『感謝』などとして贈るとよいでしょう。

もしも、お中元をいただいた場合は1週間以内に令状を出すのがマナーです。返礼品を考えている場合は、自分と相手の関係によって同額でのお返しか半返しを目安とします。目上の方へ頂いたものより高額な品物を選ぶのは失礼にあたります。

【お中元で喜ばれる品物】

  1. 鰻 
  2. 国産牛
  3. ビールやワイン
  4. 魚・肉加工品
  5. そうめん
  6. ゼリー
  7. コーヒー
  8. 果物
  9. 食用油・調味料
  10. 洗剤

 

【NGのもの】

  • 刃物 
  • 現金・商品券 
  • 筆記用具 
  • 靴下や靴 
  • 下着 
  • ハンカチ 
  • アクセサリー 
  • 花・植物