テニス
テニス,  子どもの習い事

子どもの習い事【テニス】

近年、人気が出てきているテニス。子供の習い事として取り入れたい人も多いのではないでしょうか。テニスは皇室の方たちにも人気のスポーツですね。

 

テニスの月謝とその他費用

月謝

サッカーを習い事として始める場合、月々の月謝が必要となりますが、どのくらいの金額が相場でしょうか?

週1回 1,000円~8,000円程度

週2回 8,000円~10,000程度

こちらも経営母体によって月謝に差があります。自治体が行っているスクールだと月1,000円程度の場合もあります。
基本的に年齢が上がるにつれてレッスン代も上がっていくので頭に入れておくとよいでしょう。

その他費用

テニススクールの場合、通常入会金などが必要になります。

  • 入会金 0円~5,000円程度
  • 年会費 0円~3,000円程度
  • スポーツ保険 
  • ラケット 5,000円~
  • テニスシューズ 3,000円~
  • テニスウェア 5,000円~
  • バッグ
  • 帽子(外の場合)
  • ラケットメンテナンス(ガット張替え)3,000円程度
  • 試合参加費 2,500円~
  • 追加練習・強化練習 
  • 合宿

入会金は入会キャンペーンを利用することで無料で入会できることもありますので、うまくタイミングを見計らえばお得です。

道具に関しては、成長とともにラケットやテニスウェア・シューズを買い替えたり、するでしょう。

ラケットは初心者なら安い物でも構いませんが、成長して強くなってきたりすると少しこだわったものを用意する場合があります。

また選手コースのようなコースに進むとレッスン料も上がりますし、合宿や遠征なども増えるでしょう。通常は合宿や強化練習は選択制なので気にすることはないでしょう。

テニス
テニス

テニスのメリット

  • ボールとの距離感が身につく
  • スポーツの中では怪我が少ない
  • 体力がつく
  • 運動不足解消
  • 自制心が身につく
  • 判断力が身につく
  • 個人競技であるため自分の力が試せる
  • 集中力身につく
  • インドアテニスの場合日焼けの心配がない

 

怪我が少ないとは書きましたが、他人との接触がないため接触によるリスクは免れますが、実際は怪我はしますしスポーツである以上その点は頭に置いておくとよいでしょう。

ボールとの距離感はある程度生まれ持った感覚もあるかもしれません。しかし、ボールに多く触れることでその感覚を磨くことは可能です。同じボールなのに、うまく打ち返せる子と打ち返せない子がいますが、距離感は身に着けることができます。また、どういう動きをするべきかを積み重ねていくことで判断力も絶えることができます。

テニスを続けていくことで、試合などもこなすこととなり、集中を迫られる場面が発生するようになると、

テニスのデメリット

  • 肘や肩の故障
  • 近くにテニススクールがない場合がある
  • 試合などで遠征がある
  • 天気に左右される場合がある
  • 外の場合は日焼け対策が必要

テニスのデメリットは近くにテニススクールがない場合も多く、練習する場所も限られます。そのため、スクールに通うための送迎が大変だったりするかもしれません。

また、インドアテニスでなく、外のテニスコートを利用してのスクールの場合は天気に左右されたり、熱中症対策、日焼け対策が必要になるでしょう。

テニスが向いている子

  • 体を動かすことが好き
  • 瞬発力がある
  • 積極性がある
  • 努力ができる

まず、テニスを始めるにあたって体を動かすことが必要になります。瞬発力を持ち合わせていれば入口として入りやすいでしょう。瞬発力はなくても積極性や努力ができる子は成長もします。

ボールの扱いは、練習すれば伸びる力ですが、瞬発力等はやはり持ち合わせたものも大きいです。

あと一番大切なのはテニスを習い始めてテニスが好きという感情が芽生えてきているかどうかは大切だと思います。例えテニスが苦手でも、好きという気持ちは一番大切です。

テニスを始める前に

テニス人気もあって、テニスを始めたいと何となく考えている場合は、分からないことだらけではないでしょうか?

テニスをなぜやりたいか?を子どもと少し話すといいかもしれませんね。テニスを始める年齢は特に決まっていませんが、身体の作りや成長を考えて小学生くらいから始めることが多いかと思います。もちろん幼児用のクラスもありますので、就学前でも習うことは可能です。

親子レッスンのように親子で楽しむコースもあります。子供が小さいうちは親子で楽しむのもおすすめです。

近くにたくさんテニススクールがあって色々と選べるという環境にいる方は少ないと思いますので、まずは最寄りのテニススクールで体験を申し込んでみるのがいいでしょう。無料体験やワンコインレッスンなどを行っていると思います。キャンペーンを利用して入会金を0円にできると嬉しいですね。