空手
子どもの習い事,  空手

子どもの習い事【空手】

男の子に人気の空手。武道をやっているだけでとてもかっこよく思いますよね。強い男の子へのあこがれもあり、幼少期から習う子も多い習い事です。

女の子も強い女子はかっこいいです!護身術にもなるので、女子にも一定の人気があります。

空手の月謝とその他費用

月謝

空手も経営母体によって月謝も変わってきます。

市の教室 3,000円~5,000円

空手道場 3,500円~5,000円

スポーツクラブ 6,000円~8,000円

自治体が行う空手教室は比較的リーズナブルですが、流派等によっても変わってくるようです。

空手教室やスポーツクラブの場合は入会金などが発生する場合があります。

その他費用

入会金 5,000円~10,000円

年会費 10,000円程度

道着 10,000円程度

防具(流派による)10,000円程度

道着用のバッグ 

昇給審査代 5,000円~10,000円

スポーツ保険 800円~2,000円(年間)

大会参加費 4,000円~6,000円

ほかの習い事に比べれば比較的費用は少なめですむでしょうか?道着を成長に合わせて買い替える必要はありますが、シューズも必要ないため、揃えるものは少なくて済みます。

成長して大会に出るようになると、大会によって金額は違いますが大会参加費などが必要になり、試合会場への旅費も必要になるでしょう。

入会金が必要な場合は、大抵キャンペーンなどを定期的に行っていて、入会金無料のタイミングを狙うとよいでしょう。

用意した道具などは、比較的長く使えるのが空手の良いところですね。

空手

空手のメリット

  1. 心身が鍛えられる
  2. 礼節が身につく
  3. 集中力が身につく
  4. 自身が身につく
  5. 姿勢が良くなる
  6. 護身が身につく
  7. 友達が増える
  8. 痛みを知ることができる
  9. 闘争心が育つ

多くのことがメリットとして挙げられる空手ですが、ピリッとした空気の中で心身を鍛え上げるため、集中力が鍛えられます。

試合では辛い思いをすることも多いかもしれませんが、それも子どもたちの必要な成長の要素です。普段の練習や試合などを通して、心身が鍛えられていくでしょう。

元気があってすぐ手が出てしまう子などは、空手で痛い思いをすることによって、痛みを知るきっかけになるかもしれません。

また、いつもやられてばかりでもっと強くなってほしいと願う場合は、空手で技を身に着けることで自信につながる可能性があります。

空手のデメリット

  1. 怪我の可能性
  2. 流派があるので詳細が分かりにくい

スポーツである以上怪我はつきものです。空手に限ったことではありませんが、怪我のリスクもあることは頭に入れておきましょう。

また、空手などの武道には流派が多く存在します。正直細かいことは分かりにくく習い始めは何も分からず入ってしまうケースもあるかもしれません。

空手が向いている子

  • 体を動かすのが好き
  • 戦隊ものが好き
  • 積極性がある
  • 瞬発力がある
  • 自身がない
  • 自信がある
  • 努力ができる

忍耐力や体力的なことは空手を習い始めれば嫌でも身についてくるでしょう。

ただ、伸ばしにくいのは瞬発力。生まれ持った性質も影響するため瞬発力があることはアドバンテージになるでしょう。

自身がある・自信がないが同時に入っているのは相対する理由があるからです。自身がある子はつい他人に対して横柄になってしまうかもしれません。そんな時に役立つのが空手の礼節だったり、上下関係であったり、痛みを知ることだったりします。

また、逆に自信がない子で体を動かすことが好きな場合は、自分が決して弱くない存在なんだということを知ることで、また昇級試験などを通して自信が育ってくるでしょう。

ただし、向いていないかも!という理由だけで空手を習い事の案から外すのはとても安易です。子どもが習いたいという気持ちがあるのであれば習わせてあげるとよいでしょう。

『空手が好き』という気持ちが何よりも大切になります。

空手を始める前に

まずは子どもと空手について話してみましょう。習い始めるのにいい時期は特にありません。幼稚園から始める子もいれば、小学校高学年から始める子もいます。空手が好きで、空手がやりたくて、好奇心があればそれでいいのです。

就学前の子供の場合、戦隊ものが好きな子どもは飛びつくかもしれませんし、戦隊ものが好きでない場合でも好奇心でやってみたいと思うかもしれません。

とにかく、空手が好きという気持ちがあれば続けることができると思います。子どもの苦手な部分が育つことを願いながら成長を見守るのは楽しみですね。

まずは、近くの道場や教室を見に行くことをお勧めします。体験などがあればぜひ体験をしてみましょう。キャンペーンなどをうまく利用すれば、入会金が必要な場合、0円などで入れる可能性もあります。

我が子の場合、幼稚園の時に少しやりましたが、『戦隊ものが嫌い』だったこと、『体を動かすのが苦手』だったこと『感受性が強すぎて対人に極端に消極的だったこと』から向いている要素や続ける理由がなく、辞めてしまいました。

努力だけはする子でしたが、空手に対してそこまで執着もなさそうで惰性で努力してもと思い脱落しました。もちろん最初は好きも嫌いもないかもしれないので、もしも続けていれば何だかのかたちにはなっていたと思います。ただ親として、ほかに向いていて好きなことを見つけてあげたかったので、辞める決断をしました。