柔道
子どもの習い事,  柔道

子どもの習い事【柔道】

武道の中の習い事でも比較的メジャーな柔道。オリンピックなどでの日本人の活躍もあって、子どもたちの中でも憧れる子が出てくるかと思います。

親御さんが柔道を習っていた場合は、自分の子供にも習わせたいと思うこともあるでしょう。また男の子だけでなく、女の子も強くなれることに憧れたり、護身術として習いたいと思うこともあるでしょう。

柔道を習い始めることができるのは体も少しづつしっかりとし、集中力も付いてくる小学生になってからがおすすめです。実際に多く道場では小学1年生から通うことが可能です。

スポーツの中には早くから習い始める方が有利なものもありますが、柔道は体がしっかりできてからでも遅くないでしょう。

柔道の月謝とその他費用

月謝

1,000円~5,000円程度

公共の運営の道場に通えば月謝を安く抑えることができますし警察署にも道場を備えているため、そこで教えている場合もあります。

また私設道場は公設の道場に比べて月謝が高くなります。

 

その他費用

道着 10,000円程度

帯 1,000円程度

試合時の登録料 1,000円程度

スポーツ保険 1,000円~2,000円/年

昇級審査 数百円程度~(級や段・年齢により異なる)
※黒帯の試験の場合の登録料 約20,000円

遠征費等 別途

スポーツ少年団のような団体ですと費用は月に1,000円程度と安く習うことができます。

またほかの習い事と比べても、比較的費用のかからない習い事です。

柔道のメリット

柔道
  1. 運動不足解消
  2. 体力づくり
  3. 精神力が身につく
  4. 護身術が身につく
  5. 礼儀作法が身につく

1対1の個人競技である柔道ですが、体力づくりができるのは当然のことながら、礼儀作法も身に付きます。

恥ずかしいとか大きな声を出すのは苦手などと言っていられません。自分の苦手な部分を克服していくことで、鍛えられていくことでしょう。

また、護身術としても役に立つスポーツです。

柔道のデメリット

  1. 餃子耳の可能性
  2. 怪我をする可能性がある
  3. 冬は寒くても裸足

柔道は相手に体を押さえつけられたり顔を押さえつけられることもあります。寝技などによって耳に圧力がかかり餃子耳と言われる形の耳になることがあります。
ただ、それも努力の証です。

怪我をする可能性はどのスポーツでもありますが、柔道も他人と直接触れるスポーツで怪我はつきものです。

そして、弱音は吐いていられませんが冬でもどんなに寒くても裸足です。鍛えられることは間違いありません!

柔道に向いている子

  • 負けず嫌い
  • 積極性がある
  • 体格が良い
  • 瞬発力がある

子ども時代の運動ができるというイメージは比較的足が速いことに由来してしまいます。ただし、柔道は足が速い必要はありません。むしろ足が遅くてもしっかりと骨太で体幹が備わっていたりする方が有利な場合があります。

『足が速い=運動ができる』というイメージを払拭できるスポーツの一つです。

柔道が好きで負けず嫌いで努力ができる子であれば体が小さくても、泣き虫でも問題ありません。

柔道を習う前に

大きな費用も必要なく、比較的お手軽に始めることができる柔道ですが、柔道は子どもに教える場合、道場によって方針が大きく異なる場合があります。

礼儀礼節を重要視する道場や、礼儀礼節は当然のことながら技術面の強化に力を入れ厳しく指導する道場、また遊びながら楽しく指導する道場など様々です。

自分の子供にあった道場を選ぶとよいでしょう。

また、柔道をする上で一番大切なのが受け身です。受け身ができないと怪我につながります。そのため、受け身の基礎練習をしっかりとしている道場かどうかも観察するとよいでしょう。体験ができるのであれば、是非体験してみましょう。

その際に試合の頻度等も確認するとよいでしょう。