フィギュアスケート
フィギュアスケート,  子どもの習い事

子どもの習い事【フィギュアスケート】

フィギュアスケートは世界の舞台での日本人の活躍もあって、人気の習い事の一つです。屋内のアイスリンクがあれば一年中練習することが可能ですが、近くにアイスリンクがない場合は、習い事として始めるのは難しい習い事でもあります。

バレエ同様に、女性らしい動きが多く女の子であればアイスの上で華麗に滑ってストーリーを描いていくアイススケートへの憧れは一度は抱くのではないでしょうか?

人気の習い事ではありますが、極めていくことでかなりお金がかかる習い事のため、下調べは必要ですね。

アイススケートの月謝とその他費用

月謝

スクール 3,000円~15,000円

経営母体によって月謝は変わってきます。地域が主体となっているものは3,000円程度で習うことも可能です。一般的には6,000円~8,000ほどで月謝だけだとほかの習い事とほとんど変わりはありません。

スケート靴はスケート教室の金額にレンタル料として含まれていることも多く、最初はレンタルのスケート靴で滑っても問題ありません。

上達するには専属のコーチをつけたり、スケートクラブに所属する必要があります。コーチなどからの推薦が必要ですが、万が一自分の子供がそこそこスケートが得意で向上心もあって上を目指すのであればクラブに所属する必要が出てくるかもしれませんので、その際の覚悟は必要です。

その他費用

専属コーチ 2,500円~5000円/回 ※30分

クラブ 15,000円~30,000円/月

スケート靴(初心者用) 20,000円~30,000円 ※1年で2足程度

スケート靴(上級者用)50,000円~100,000円以上 ※本格的にジャンプやスピンをする場合

バッジテスト 20,000円程度

練習用スケートリンクのレンタル 別途 

遠征費・合宿費 別途

競技会への出場 別途

競技会への出場は様々な形で費用が必要となってきます。

衣装代や曲代をはじめ、お金をかければきりがないことを覚えておきましょう。お金がかかる競技ですので基本的に、裕福な家庭の子が上級を目指していきます。衣装なども当たらに購入すれば大きな出費となりますが、先輩たちから衣装を譲り受けたりしながら上手に費用を抑えることは可能です。

一般的な習い事としてはそこまで気負う必要はないでしょう。ただし、極めていくには費用が掛かることは頭に入れておきましょう。

子どもが小さくても、ある程度本格的に習うためには年間100万円~300万円程度必要になります。

フィギュアスケート

フィギュアスケートのメリット

  1. バランス感覚が身につく
  2. 柔軟性がアップする
  3. 表現力が身につく
  4. チャレンジ精神が向上する
  5. 自信がつく

一枚の刃でバランスをとるフィギュアスケートは体重をうまく乗せないと立っていることすらできません。

そのため、フィギュアスケートを習うことでバランス感覚が養われ、きれいに立つことが身につくようになります。また、やわらかい体が基本的に求められるため、柔軟性もアップしていきます。

舞台などを経験して度胸や自信にもつながるでしょう。

フィギュアスケートのデメリット

  1. スケートリンクがどこにでもない
  2. 怪我のリスクがある
  3. 費用が掛かる

フィギュアスケートを始めるにあたって、教室を行っているアイスリンクが通える場所にあることが前提となります。大きな街にはいくつかあるかもしれませんが、田舎の方へ行くとアイスリンクを探すことさえ難しい場合もあります。

アイススケートは滑りやすい氷の上でジャンプしたり、スピンしたりと技を披露していくスポーツです。思わぬ形で転倒したりして怪我をするリスクもあります。また、費用のところでも述べましたが、意外とお金がかかってしまう競技でもあります。

フィギュアスケートに向いている

  • 体が柔らかい
  • 表現力がある
  • 度胸がある
  • 努力ができる

フィギュアスケートが好きという気持ちとともに、体が柔らかかったり、表現することが好きという場合はそれだけでアドバンテージとなります。

柔軟性はもちろん練習の過程で強化されていきますが、もともと体が柔らかい子がと固い子では初めの段階から差があります。柔軟運動含め日々の努力が必要になる競技でもあります。

また、柔軟性を高めるためにバレエを別で習ったりしている子も多くいます。

フィギュアスケートを始める前に

フィギュアスケートは女子に人気のスポーツですが、最近では日本人選手の活躍もあって、男子にも人気が出てきています。フィギュアスケートには美しく表現しようという表現力や柔軟性が大切になってきますが、比較的体の硬い男子も努力によって柔軟性を鍛えることができます。

まずは、近くのスケートリンクに数回通って、子どもがスケートを楽しんでいるかどうか様子を見てみましょう。そのうえで、習いたいかどうかの確認もしましょう。