将棋
子どもの習い事,  将棋

子どもの習い事【将棋】

将棋は昔から人気のボードゲームの一種ですが、近年人気のある習い事として注目されています。藤井聡太騎士の活躍で(※藤井聡太棋聖/2021年6月20日現在)人気が再燃し、自分の子どもにも習わせてみたいと思う方も増えたのではないでしょうか。実際に将棋というと小さい子供から年配の方まで楽しめるものとして安定的にファンもいます。

もしも自分の子にあんな才能があたら、そんな期待も抱きますよね。

将棋教室は、地域的な差もあるかもしれませんが、大手通信教育会社などが開いている教室から、地元の方が趣味の延長で開いているところまで形態は様々です。囲碁同様に通信教育で学ぶことも可能で、自宅で習える手ごろさもあります。

近年では、手軽さからゲームソフト等で学ぶ子も増えてきています。

将棋の月謝

500~1,000円/回

500~6,000円/月

教室によって様々で1回あたりで支払う教室や、月謝制の教室まであり雰囲気も色々です。

年配の方が経営していたりするとネット環境にも疎いことがあり、うまく教室が探せない場合もあります。日本将棋協会のホームページをのぞいてみましょう。

将棋のその他費用

将棋駒・将棋台 数千円~数万円

入会金 0~10,000円

大会出場費 数千円~

将棋駒や将棋台は必ず必要というわけではないようですが、真剣に取り組むなら準備する必要があるでしょう。また、大会などに出場する場合は別途費用が発生します。

将棋

将棋のメリット

  • 集中力が身につく
  • 生涯楽しめる
  • 脳を鍛えることができる
  • 年齢関係なくコミュニケーションを図れる

将棋は年齢関係なく楽しめるボードゲームの一種です。そのため早いうちから始めて、長く楽しむことができます。現におじいちゃんやお父さんが将棋好きであれば、遊びがてら子どもに指導するのがきっかけになるかもしれません。ご存じの通り、将棋は集中して取り組むことで更に集中力を高め、脳を鍛えることができます。

将棋のデメリット

  • 長時間集中しすぎてしまう
  • 体を動かすことが少なくなる

将棋は頭を使ってじっくり考えるため時間を忘れてしまいます。そのため、身体を作るゴールデンエイジ期に体を動かす機会が減ることになります。

体を動かしてほしいと思っている親御さんからすれば不本意かもしれません。

将棋を始める前に

将棋教室は大きく宣伝していることが少ないため、調べてみれば実はこんなに近くにあったんだ!と思う場所にあったりもします。

教室が選べる場合は、いくつかのぞいてみて自分の子どもに合ったところを検討するのがよいでしょう。教室が見つからない場合は、通信教育やゲームなどで始めてい見るのもいいでしょう。