科学実験
勉強・学習系,  子どもの習い事,  子育て,  科学実験教室

子どもの習い事【科学実験教室】

子どもたちは実験が大好きです。
実際に小学校低学年の生徒に理科が嫌いな子どもは少ないのではないのでしょうか?高学年になるにつれて、難しさから理科離れが進む傾向にあります。TVでのでんじろう先生の活躍もあり理科を改めて楽しいものだと実感する機会も増え科学実験教室の数も増えてきています。

科学館などで定期的に行われているものから子どもの科学実験教室から学習塾などが会社が運営する教室まで様々です。

科学館などの教室は抽選だったりするので、場合によっては抽選に外れることもあり必ず受講できるものではないため、運がよければ楽しく学ぶこともできますが、外れてしまえば残念ながら受講することができません。

科学実験教室の月謝

5,000円~12,000円程度

年齢やレベルなどによっても月謝が大きく変わってくる可能性があります。

月謝

科学実験教室のその他費用

入会金 5,000円~10,000円程度

白衣など必要な道具 5,000円程度

教材費 0円~5,000円程度

維持費 0円~1,000円程度

教室によって大きく異なりますが、実験道具の購入が別途必要だったり、月謝に含まれていたりと様々です。また、指定のバッグや白衣などの購入が必要な場合があります。月謝以外の負担が大きい場合がありますので、前もって確認しておくようにしましょう。

科学実験教室のメリット

  • 科学に興味を持つきっかけになる
  • 楽しんで学習できる
  • 自ら疑問を持つことにつながる

子どもたちは基本的に理科の実験が大好きです。科学に興味を持ち自分たちで考えて取り組むことで、興味関心を引き出し、自ら疑問を持つきっかけにもなります。

科学実験教室のデメリット

  • 思っていたより費用がかかる場合がある
  • 他の習い事に比べ教室の数が少なく近くに教室がない場合がある

科学実験教室は通いはじめれば楽しいと思いますが、近くに教室がなかったり、周りで通っているお友達がいなかったりとまだ少しなじみが薄い習い事かもしれません。また化学実験ということもあり道具などの費用が思ったよりかかる場合もあります。

科学実験教室に向いている子

どんな子でも基本的には楽しんでできる習い事かと思いますので、特に向き不向きはないと思います。ただ学年が上がってくるともしかすると行きたがらなかったり、ほかの習い事の方を優先したりということが出てくるかもしれません。

科学実験教室を始める前に

本格的に教室に通うことを考えている場合は直接その教室での体験教室に参加してみることをお勧めします。

子どもはおそらく体験に行くと“習いたい!”と思う子がほとんどだと思いますので、費用等も踏まえ検討してみるとよいでしょう。近くに教室がない場合などは、科学館などで行われている抽選型の教室などに応募して体験してみるのもいいかもしれませんね。

習い事として検討する場合は、他の習い事とのスケジュールなども含め、続けられるかどうか併せてて検討してみるとよいでしょう。受験対策に行っている科学実験教室などもなるようなので、お子様にあったものが選択できるとよいですね。

子どもには是非、化学(理科)に興味を持つきっかけになってどんどん世界を広げていってほしいです。