ピアノ
アート系,  ピアノ,  子どもの習い事,  子育て

子どもの習い事【ピアノ】

昔から人気の習い事の一つで今でも男女問わず人気の習い事です。

両手の指先を使いこなすので、脳の発達にもいいとされ幼児期から習うことも多いと思います。はじめはリトミックを習っていたお子様がその流れでピアノを習い始めることも多いでしょう。

家での地道な練習こそ必要ですが、発表会などで自分の技術を披露する機会もあり華やかな一面もあります。ドレスに憧れる女の子はドレスを着たさに練習を頑張ってくれることあるかもしれませんね。毎日の練習の積み重ねがとても大事な習い事なので親の根気も必要になるかと思います。

ピアノの月謝とその他費用

月謝

5,000円~10,000円

個人教室か大手の教室かによっても変わってきますが一般的に週に1回の金額はこれくらいになります。

本格的にやりたいのであれば有名な先生のレッスンを受けることになり月謝も大きく変わってくる可能性があります。

月謝

その他費用

ピアノ 25万円~100万円
※上を見ればきりがない

教材費 1,000円~2,000円程度/冊

施設維持費 0円~1,000円/月

出張レッスン費 など

発表会 8,000円程度~

ピアノを習い始めるにはピアノが必要かと思いますが、これは先生によっても考え方は違いますがお試しで始めるのであれば、すぐに購入せず様子を見てもいい場合もあるでしょう。

教材費は進み具合やどういった種類の教本を使うかによっても違いますが、通常3~4冊を準備するのが一般的ではないでしょうか?

また先生のお宅でのレッスン以外に出張レッスンを行っている場合は出張費が必要であったり、自宅に駐車場がない場合は駐車場代が必要だったりします。施設維持費は教室によって色々ですが、かかる場合もあると心づもりをしておくとよいでしょう。

またピアノには発表会もつきものです。その際に出費が発生します。また教室によっては先生へのお礼等をする場合もありますので、できる範囲で調べておくとよいでしょう。そして、発表会といえば衣装等も必要になります。ドレスやスーツなどを用意することになるかもしれませんので、かかる費用として入れておくとよいでしょう。

ピアノのメリット

  • 脳の発達を助ける
  • 音感が身につく
  • 発表会などを通して度胸がつく
  • 音楽に興味を持つ
  • 趣味の幅を広げることができる

左右の手指をそれぞれ別々に動かすため脳の発達を刺激してくれると言われています。現にピアノを習っていない人は左右の指を別々に動かす作業は難しいかもしれませんが、ピアノを習うことで考えなくてもそれらを容易にできるようになります。

また、学校での音楽の授業などで困ることもなく楽しく音楽に親しむことができるでしょう。
音楽を習っていない場合は音符を読むのにも苦労することもあります。興味付けのためにもいいでしょう。

そして大人になってからも楽しめる趣味の幅を広げることもできます。ピアノを習っておくことでほかの楽器もとっつきやすくなりさらに音楽へ分野の幅も広げることができます。

ピアノのデメリット

  • 家で練習時間を確保する必要がある
  • 根気が必要である
  • ピアノの購入費が高額である
  • 月謝以外の費用がある程度必要になる
  • 発表会などで家庭での練習が必要なため親の負担になる場合がある

 

家での練習が苦にならない子であれば問題ないのですが、習いに行くのはいいけれど家での練習が大嫌いでやろうとしないという場合があります。ピアノ自体が楽しくて通ってくれているならまだいいのですが、無理矢理練習させようとして嫌いになったりすることもあります。また親子で向き合って練習する場合は、親の時間を削られることにもなり負担も大きくなります。家での練習なしで週1回通っても上達も遅いため、進歩が見られず親がイライラしてしまうかもしれません。

とにかく根気が必要です。

ピアノに向いている子

  • 音楽が好きな子
  • コツコツ努力ができる子
  • 練習によって上達することにやりがいを感じることができる子
  • できないことが悔しいと思える子
  • 指が長い子

練習を重ねることでどれもクリアできることですが、ここにたどり着くまでが長い道のりになる場合があります。もともと音楽が好きで華やかな場所も好きで、その上日々の努力ができる子であれば伸びていくのも早いでしょう。

逆に身体を動かすのが好きで練習が苦手な子にとっては苦痛になる可能性もあります。正直なところ親のエゴだけではどうにもならない部分もありますのでお子様の興味をしっかり観察するとよいでしょう。

バスケットボールやバレーボールが背の高い選手の方が有利になるように、クラシックバレエの選手が手足が長い方がきれいに見えて有利なように、ピアノは指が長い子の方が有利です。最初のうちはあまり関係ありませんがオクターブ以上を同時に弾くような難しい曲になってくるとやはり長い指はメリットになってきます。ただ何にしても、技術でカバーすることはもちろん可能ですので、指が短いからといってあきらめる必要はありません。

ピアノを始める前に

ピアノはほかの一般的な習い事よりもお金がかかるかもしれません。後で後悔しないようにしっかりリサーチをし子どもの向き・不向きも含めて考えるとよいでしょう。

将来ピアノに何を求めるかによっても大きく変わってきますが、趣味程度にピアノが弾けたらいいなという場合と、音大に行けたらいいな、できたらピアニストになれたらいいなと言う場合では同じピアノでも進む方向が違ってきます。趣味程度であれば週に1回のレッスンで楽しく自宅で練習をしていけばいいですし、上を求めるのであればそれなりの先生について指導を受け練習も一日の大半を費やすようなものになる可能性があります。

お子様にあったレベルで楽しくレッスンを受けられることができるればいいですが、家での努力は必要になると覚悟しておきましょう。発表会前などはお母さんたちも練習に付き合って見守る必要がある場合があります。

体験レッスンなどでレッスンの様子はもちろん、かかる金額や家での練習についてもしっかり確認してから始めるようにするとよいでしょう。ピアノの代わりにまずは電子ピアノなどでもよいかどうかなども含めて確認するとよいでしょう。

親である私自身子どもの時にピアノを習っていました。 そのため日々の練習の大切さは分かっていたつもりですが、実際子どもが習い始めてみると、レッスンは受けるけど、練習は子ども本人がなかなかやる気にならず最初は大変でした。自分が練習の大切さや大変さは実感していましたが、その経験を踏まえてなんとかなるかなと、気楽に考えていましたが、やる気にさせるのに手こずりました。 学年が上がれば上がるほどお友達と遊ぶ時間も欲しがるので、今は楽しんでレッスンができればいいかなと思っています。 発表会をきっかけに人前で演奏する機会もあり少しですが度胸も付いたかなと思っています。
女の人
Mari
8歳児/母
絶対音感を身につけさせたくて3歳から習い始めました。 最初は大手の教室に通っていましたが、途中で融通の利く個人の先生に変えました。家からも近いので通いやすくて便利です。 練習は小さいうちは遊び感覚でしてくれていましたが途中やる気をなくしたりした時のサポートは大変でした。 せっかく習っているのである程度の難しい曲が弾けるようになるといいなと思っています。 調子がいい時は比較的進んで練習してくれるので助かっています。
Keiko
7歳児/母
小さいころから何か習い事をと選んだのがリトミックでした。年齢が上がって4歳ごろからその教室でやっていたピアノ教室に。 子ども本人のピアノへの憧れもあって比較的順調だったかなと思います。 他の習い事の関係もあって毎日練習するのは大変だったので、適度に力を抜きながら今まで続けています。 ピアノ自体は好きなため、学校でピアノを弾く機会もあったりして自信につながっています。発表会前は自分から積極的に練習していますが中学生ともなると他の子とも忙しいので年齢が上がるほど大変です。 でも好きなら続けられるだけ続けてみればいいかなと思っています。いつまで続くのかは分かりませんが・・・。
女の人
Emi
13歳/母