バイオリン
アート系,  子どもの習い事,  子育て,  管弦楽器

子どもの習い事【管弦楽器】

どことなく敷居の高いイメージの管弦楽器ですが、子どもの習い事として一定の人気があります。管楽器は音を出すのに肺活量も必要なためある程度年齢が上がってからとなりますが、弦楽器は低年齢からのスタートも可能です。音楽関係の習い事を考えている場合は、ピアノ以外の選択肢としてバイオリンやギター・チェロといったも楽器を視野に入れる場合もあります。

管弦楽器の月謝とその他費用

月謝

7,000円~20,000円

個人の教室から大手チェーンのスクールまで様々です。月に何度あるか、振替可能か等も確認しましょう。

その他費用

入会金 0円~20,000円
楽器購入 50,000円程度~
楽譜 1,000円~
設備費 1,000円程度

入会金はキャンペーンなどを利用することで無料になったりすることもあります。通いたい教室があれば早めにチェックしてタイミングを見てもよいでしょう。

また楽器を習い始めると、その楽器が必要になります。楽器は決してやすい物ではありませんし、お子様の成長によってサイズも変わってきますので買い替える必要もあるため、そのことも踏まえて検討しましょう。ある程度お金のかかる習い事として認識しておくとよいでしょう。

月謝
バイオリン
クラリネット
ホルン
ギター

管弦楽器のメリット・デメリット

メリット

  • 音感が身につく
  • 感性を育てる
  • 表現力を身に付けることができる
  • 集中力が身につく
  • 楽器に触れ音楽を身近に感じることができる

音楽演奏をするため楽譜を読む練習をすることで音楽への理解を深めることができます。音楽といえばどうしてもピアノが真っ先に候補に挙がりがちですが、管弦楽器でも同じようなメリットがありますね。

ピアノほど指先は器用に使わないかもしれませんが弦の位置を覚えて指先をコントロールすることに変わりはありません。

楽器を購入することに抵抗がなければ管弦楽器も音楽系の習い事の選択肢の一つになるでしょう。

デメリット

  • 楽器が高価
  • 成長に合わせて楽器を買い替える必要がある
  • 親が練習に付き合う必要がある
  • 毎日の練習が必要
  • 練習スーペースが限られる可能性がある

楽器の購入に想った以上に出費がある可能性があります。楽器は成長に合わせてサイズが変わるものもあり、長く続けていくと途中で買い替える必要があるかもしれません。

毎日コツコツ練習が必要な習い事なので、親が練習を促したり練習に付き合ったりする時間を費やす必要があります。上達を目指すのなら親も心づもりが必要です。あと楽器には音がつきものなので防音設備が必要だったり、練習スペースが限られる場合があります。

管弦楽器を始める前に

まず楽器にどのくらいの費用が掛かるのか、買い替えの必要性や、買い替える頻度はどのくらいかを調べましょう。楽器の種類によっては近くに教室がない可能性があります。どのくらい離れた場所に習いに行く必要があるのか、レッスン回数や時間を確認し負担も考慮しておきましょう。

本格的に習う場合は遠くの先生の所に習いに行くこともあるでしょう。ただ、気軽に始めたい人にとっては遠くに通うのは負担になるでしょう。

音楽の習い事なので、練習するには音に気を使う必要があります。住環境によっては練習ができなかったりするかもしれません。ご自分の環境も併せて検討するとよいでしょう。