卒業・就職
卒業・就職,  贈り物・プレゼント・ギフト図鑑

喜ばれる卒業祝いの贈り方・喜ばれるお祝いの品とNGの品

卒業祝いは卒業する方へ贈るお祝いですが、入学・就職が控えている場合は入学祝い・就職祝いを優先することがほとんどです。

血縁関係が濃く卒業と入学を別々でお祝いしたいケースもあるでしょう。相手の負担にならないように考えて贈るようにしましょう。その場合は、関係性によっては卒業の時はみんなで食事会などを開くのもスマートですね。

3月になって卒業後の進路が決まっていない場合は、卒業祝いとして贈ってもよいかと思います。相手にあまりプレッシャーにならない形をとりましょう。

卒業祝いを贈る相手

基本的にお孫さんや子ども身内や親戚関係に贈ります。

またいつもお世話になっている家庭のお子さんに贈る場合もありますが、相手が負担にならないよう心がけましょう。

卒業祝いの予算は?

贈る関係により異なりますが、5,000円~50,000円ほどが相場となります。

祖父母 30,000円~50,000円

親・兄弟姉妹 10,000円~30,000円

親戚 10,000円~30,000円

友人や知人 5,000円~10,000円

親戚間で大体の相場が決まっていたりします。過去のやり取りも踏まえて、臨機応変に対応するとよいでしょう。

卒業祝いのタイミングは?

卒業祝いを贈る場合は卒業式当日に贈るのがベストですが、なかなかそんなタイミングも難しいと思います。その場合は卒業式あたりで、遅くても3月中には届くようにしましょう。
受験が終わっていない場合は、受験が終わって速やかに贈るといいでしょう。

また、就職をする場合は就職祝いを贈ると思いますが、就職先に内定をもらってすぐは避け、入社式の2週間前くらいに贈るようにしましょう。これは内定取り消しの可能性や、卒業できないという可能性もあるためです。

喜ばれる卒業祝い【5選】

喜ばれる卒業祝いとは何でしょうか?

小中学・高校・大学や専門学校など年齢によっても変わってきます。

小中学校は基本的に義務教育なので、親戚間でのお祝はしない場合も多いでしょう。祖父母や両親からはちょっとしたお祝いを贈ることもあります。

小学校・中学校卒業
スポーツバッグ・リュック

小・中学校を卒業したら中・高校生活が待っています。指定のバッグ以外禁止という場合はあまり喜ばれませんが、毎日使うバッグやリュックなら卒業祝いとしても喜ばれるでしょう。

スポーツをやったり、習い事に通っていたりする場合も重宝します。

バッグ
電子辞書

今まで使っていたものもあるかと思いますが、ステップアップする時期かもしれません。すでに学用必需品として家庭で用意している場合もありますので、確認して贈るとよいでしょう。

電子辞書
腕時計

時計は通う学校によっては通学で毎日使うかもしれません。もうすでに持っていても新しい腕時計は嬉しいと思います。

学校では使えない場合も普段使えると思いますし、新しい生活にはぴったりの栗ものです。

腕時計
財布・定期入れ

卒業祝いに贈るのに財布や定期入れもぴったりです。地域性や通う学校にもよりますがバスや電車通学の場合には必要になる定期入れ。今まで使っていたものがあっても新生活に備えて新しい小物があるのは嬉しいですね。

財布
スマートフォン・タブレット

スマートフォンやタブレットは、それまで持っていない子どもたちももしかするとデビューするタイミングになるかもしれませんね。子どもたちが喜ぶのはもちろんなのですが、教育方針もありますので、ご両親に確認したうえで贈ると喜ばれるでしょう。

家庭によっては高校生までは持たせなかったりする場合もありますので必ずご両親に確認してから贈るようにしましょう。

スマートフォン
商品券・図書カード

どうしても、好みが分からない場合は商品券や図書カードもおすすめです。学生は勉強が仕事です。好みの本を自分で選べるので贈って間違いはありません。

ギフトカード
高校卒業
財布

新しい進学先に新しい持ち物は嬉しいですよね。

財布は毎日使うものです。新生活で使える財布は卒業祝いで贈ると喜ばれるでしょう。好みもあると思いますが、分からない場合はシンプルで使いやすそうなものを選びましょう。

財布
キーケース・定期(ICカード)入れ

こちらも新生活と同時に必要になる可能性がある物です。また今まで使っていた定期入れやキーケースが古くなっている可能性もありますし、これから電車やバスでの通学が始まるかもしれません。必要に応じて選ぶとよいでしょう。こちらも毎日使うもので実用性もあります。

キーケース
イヤフォン

コードレスイヤホンは今や必需品です。持っていない場合は卒業祝いとして贈ると喜ばれるでしょう。

コードレスのため失くしやすいアイテムの一つでもあるため実は複数持っていても困らないアイテムです。

イヤホン
ギフトカード・図書カード

何を贈ったらいいのか、好みや喜ばれるものが分からない場合は、ギフトカードなどを贈ると相手の好みのものを選んでもらえます。ネットが当たり前になっているので、JCBやVISAギフトカード以外にも環境によってはAmazonギフトカードやQUOカードもおすすめです。

金券
タブレット

タブレットはスマホに次いで必需品です。いくら家庭の方針があるといっても高校を卒業すればタブレットやスマホは持つことになるでしょう。予算内で収まるようであれば、タブレットを贈ってもいいでしょう。

すでに持っている可能性もありますので確認してからにしましょう。

お手頃なタブレットだと使いたいスペックが足りない場合もあります。まずは贈りたい金額と見合うかどうかも確認してみましょう。

タブレット
大学・短大・専門学校卒業
腕時計

学生を卒業し、社会人になると腕時計もシンプルで上質なものを身に着けたいはずです。

シンプルでビジネスライクな時計を贈るとよいでしょう。

好みが分かっている場合は好きそうなデザインのものでもいいですね。

 
腕時計
財布

財布も社会人になったら心機一転小物もスマートなものを新調したいはずです。高級感があり上質なものを選びましょう。

 
財布
お酒

お酒好きな方へは少し上質なお酒をお祝いとして贈るとよいでしょう。好みのお酒の種類のリサーチもお忘れなく。

お酒
キーケース・名刺入れ

名刺入れはビジネスには欠かせないアイテムとなります。初めて名刺入れを使う場合もあるでしょう。上司や取引先相手の目に触れるものですので、シンプルで上質なものをプレゼントしましょう。社会人としてのスタートにぴったりのお祝いの品です。

名刺入れ
アクセサリー・ネクタイ

女性へは身だしなみの一部として、オフィスでも使えるシンプルなアクセサリーを贈るとよいでしょう。

男性でスーツを日常的に着る仕事の場合は、ネクタイを贈っても喜ばれます。何本あっても困りません。

ネクタイ

卒業祝いでNGのもの

小・中・高校生にスマホやタブレットを贈る場合は親の方針もありますので、NGとなる場合があります。
必ず確認をとってから贈るようにしましょう。

基本的に実用的で、好みに合ったスタイルであれば何を贈っても問題はないでしょう。

卒業祝いを贈らない場合

卒業祝いを贈らないケースも多いと思いますが、その場合は一般的に下記のようなケースになるかと思います。

入学祝い

進学が決まっている場合、入学と卒業を兼ねて
『入学祝』入学祝いとして贈る

就職祝い

就職が決まっている場合、就職と卒業のお祝いを兼ねて
『就職祝』として贈る