• ボイストレーニング
    アート系,  子どもの習い事,  子育て,  歌・ボイストレーニング

    子どもの習い事【歌・ボイストレーニング】

    ボイストレーニングは大人の習い事のイメージがある方もいるかもしれませんが、子どもでも習うことができる習い事の一つです。

    タレントスクール・アクターズスクールのようなところに行けばレッスンを受けることもできますが、総合的にではなく歌だけ習いたい場合はボイストレーニングという方法があります。

    最近は歌の上手い若い子たちがたくさんいます。もちろん彼らがみんなボイストレーニングを受けているわけでもありませんが、小さいころから習うことで楽器の習い事にも音楽の基礎やリズム感を身につける方法があるのです。友達とカラオケに行ったりして人前で歌を披露する機会も昔よりずいぶん増えていると思います。そんな時下手だからという理由で歌えないのは悲しいものです。

    ボイストレーニングに通うことで音楽の基礎を学び歌も上手になるのなら音楽系の習い事の選択肢に入れる価値は十分にありそうですね。

    歌・ボイストレーニングの月謝とその他費用

    月謝

    10,000円程度

    回数も教室によって様々ですが、月に2回程度が通常かと思います。

     

     

    その他

    入会金 0円~20,000円

    教材費

    設備費 0円~10,000円

    入会金が不要な教室、必要な教室またキャンペーンなどで無料となる場合があります。
    教材もほかの習い事に比べて安価に住む可能性があります。

    基本的には声一つでできるレッスンのため気軽に始めることができます。

    ボイストレーニング

    歌・ボイストレーニングのメリット・デメリット

    メリット

    • 音感・リズム感が身につく
    • 歌うことが好きになる
    • 人前で歌うことに抵抗がなくなる
    • 自分を表現することができる
    • のどを傷めない方法を学ぶことができる

    子どもは基本的に歌うことが大好きです。まだ抵抗のないうちからボイストレーニングを始めることで自信につながるでしょう。練習を通して自然と音感やリズム感が身に付き自信にもつながるでしょう。

    自己流で上手に歌おうとする喉を痛める可能性があります。トレーニングを行うことでのどに負担のない歌い方を学ぶことができます。

    デメリット

    • のどを使っての発声練習のため小さな子供には言葉の言い回しが伝わりにくい場合がある

    楽しむことがまずは一番ですが、個人の教室だと先生が子どもに慣れていない場合もあります。月謝だけでなく子どもに慣れている教室が見つかるとよいですね。体の一部である喉やお腹からの発生練習を学のぶため、言葉が伝わりづらいことも考えられます。のどの動きを小さい子が意識して理解するのはなかなか難しいと思います。対象年齢は教室によって違うと思いますが、低年齢から始める場合はそれに合ったカリキュラムが用意されている教室がおすすめです。

     

    歌・ボイストレーニングを始める前に

    ボイストレーニングや歌は子どもたちが比較的好きな分野かとは思いますが、中にはあまり歌に興味がない子供もいます。音楽を好きに泣て欲しいからという理由だけで始めるのは、結局辞めることになったりして時間の無駄になることもあります。

    お子様が本当に習いたがっているかどうかを確認する必要はあるでしょう。

    楽しんでできることが一番ですが、せっかく通っていてもあまり上達を感じない場合は先生との相性があっていない可能性もあります。最初に体験レッスンなどで子どもが理解できそうなレベルでのレッスンを行っているかを確認してみるとよいでしょう。

    また近くに教室はあっても子どもには不慣れな先生もいます。個人でやっている場合は子どもを教えるのに慣れているかどうか、得意かどうかも確認するとよいでしょう。

    高額な費用が掛かる習い事ではありませんが、月謝や設備費以外に何か費用が発生するかどうかは前もって確認しておきましょう。イベントがたくさんある教室などはその都度費用が発生することもあります。

    カラオケやメディアなどの普及で歌の上手い一般人が増え、普通に人前で歌う機会も昔に比べたら増えましたね。歌えないより機会があったら持ち歌が披露できる方がスマートですよね。自分も子どももできたら歌は上手な方がいいなぁと個人的に思います。