• 囲碁
    囲碁,  子どもの習い事

    子どもの習い事【囲碁】

    囲碁は白と黒の碁石を碁盤にならべて競う陣取りゲームですが、頭がよくないとできないというイメージもあるのではないでしょうか?そんなことはなく、昔から頭を鍛えるボードゲームの一つとしても人気ですが、子どもから年配の方まで楽しめるものです。

    習い事となると、教室に通うことになりますが、一般的な習い事とは少しかけ離れているため、どこに教室があるのか、どういう雰囲気でやっているのかは囲碁を経験した方でないとイメージしにくいかと思います。

    都会にお住まいであれば子供向けの囲碁教室など、子どもに特化して教えている教室もあるかと思いますが、少し都会から外れると、子供中心にやっている教室は少なく、大人に混ざって一緒に囲碁をする教室もあります。その場合は4歳児くらいから年配の方まで様々な方が集まり練習する姿はイメージしやすいのではないでしょうか?いろいろな世代の方とコミュニケーションをとりながら行うことになるでしょう。

    また、最近では通信教育やオンラインの教室も充実しており好みのスタイルで学ぶことが可能です。通信教育の場合は、自分の開いている時間に課題をこなして提出するため、時間に制限されることなくマイペースに学ぶことができます。

    シンプルに白と黒の2色の碁石で戦う囲碁はシンプルかつ純粋ではない難しさもあり、大人になっても末永く楽しめる習い事としては習っておいても損はないでしょう。

    囲碁の月謝

    1,000~2,000円/回~

    4,000~8,000円/月

    教室に通う囲碁の場合は月謝制より回数制で行っている教室も多いように思います。1回あたりにすると2,000円程度が相場でしょうか。

    電卓

    囲碁のその他費用

    囲碁セット 数千円~数十万円

    月謝以外に囲碁セットをそろえる必要がありますが、とりあえずの数千円のプラスチック製のセットから本格的なセットまで様々です。

    本格的に始めるのであれば数万円の囲碁セットもおすすめですが、今後どうなるかわからないけれど、とりあえず始めてみたいという場合はプラスチック製の簡易的なセットで充分かもしれません。数万円と聞くととても高価なイメージですが、一度用意すればよっぽど買い替える必要がない物なので、ほかの習い事の費用と比べると比較的安価かもしれません。

    囲碁教室によっておすすめのものがある可能性もありますので、問い合わせてみるとよいでしょう。また、大会に出場する場合はその都度出費となります。大会によっても費用が違ってきますので前もって確認しておくとよいでしょう。

    囲碁

    囲碁のメリット

    • 頭を鍛えることができる
    • 度胸がつく
    • コミュニケーション能力の向上
    • 礼儀作法が身につく
    • 集中力が身につく

    囲碁には様々なメリットがあります。まずじっくりと考えることで集中力が身に付き、同時に頭を鍛えることができます。また、大会への参加等を通して世代の違う相手と戦う必要があり、だんだんと度胸も備わってきます。

    また、こうした習い事特有の礼儀作法を身に着けることができ、日本人らしい振舞いが身に付きます。

    囲碁のデメリット

    • 集中することでほかのことに費やす時間配分ができない
    • 体を動かすことが少なくなる

    囲碁はボードゲームなので、いわゆる現代のテレビゲームのような存在でもあります。つい、その対極に集中するがあまり、また攻略を色々考えるあまり楽しくて時間を区切ることが難しくなることもあります。ただ、テレビゲームをされるより、囲碁に集中して時間を忘れる方が許せるのは親のエゴでしょうか。

    また、囲碁が楽しいあまり外に出る機会も減り、身体を作る大切な時期を室内で囲碁をして過ごすことも想像に難くありません。結果囲碁は頭がいい子がするものというイメージがあるのかもしれません。

    囲碁に向いている子

    一概に向いている向いていないで片付けるのは大変難しいですが、例えば『外遊びは得意ではない』『体を動かすことより座って何かをする』ことの方が好きなこの場合は囲碁を習うのに向いているかもしれません。

    インドアな子でも、親の考えが『成長期である大切な時期に外で体を動かさないと』という場合は、囲碁を続けることは難しいでしょう。

    子どもがどうしても運動が苦手で、外に行くよりも何かイキイキしている様子がうかがえれば続けることは簡単かもしれません。集団競技でもないため、コミュニケーションは少し苦手かもしれませんが、ほかの得意な部分を伸ばすことが可能です。また、かなりインドアでおとなしい印象のある習い事ですが、大会等に出場したり、年配の方と話す機会もあるため、そういった部分は苦手でも少しづつ強化されていくでしょう。

     

    囲碁教室について

    囲碁や将棋は似たような位置づけかもしれませんが、現在将棋教室の方が人気がある気がしています。

    実際に私が住んでいる地域で囲碁教室を検索しても1件も出てきません。それほど囲碁人口は少ないとも言えます。ただ、少し足を延ばせば通える教室があるのも事実です。将棋同様に、囲碁も人気騎士が出たりして、もっと活性化するといいなと思います。

    現代のテレビゲームも楽しそうですが、別のものが学べる場としておすすめです。