• フラダンス
    フラダンス,  子どもの習い事

    子どもの習い事【フラダンス】

    フラダンスは地域によっては盛んでなじみ深い場合も一部あるようですが、一般的にはカルチャースクールなどで人が踊っているのをみたり、イベントで目にする程度ではないでしょうか。

    かわいい衣装を身に着けて緩やかにしなやかに踊るフラダンスは簡単そうに見えますが、実は腹筋を使いスローなテンポで姿勢をキープしながら踊るので腹筋が鍛えられますし、体幹の強化にもつながります。また、振り付けを覚えるのが苦手な子どもでも始めやすいダンスです。

    キッズフラダンスは一般的にレッスンを行っている場所は多くはありませんので、近くにある教室があり興味がある場合は習い事として検討してみてもいいかもしれません。

    フラダンスの月謝とその他費用

    月謝

    5,000円~8,000円/月(週1回)

    1,000円程度/回

    教室によって月謝制だったり、一回ごとに金額が設定がしてあったりとそれぞれです。子どもの場合は体調不良等でお休みすることもあるかもしれませんので、月謝制の場合は振替が可能かなどの確認をするとよいでしょう。

    その他費用

    入会金 0円~5,000円程度

    パウスカート(フラダンス用のスカート) 3,000円~8,000円程度

    レイ・アクセサリー等 1,000円~

    発表会参加費・衣装代等 数千円~数万円

    発表会の規模等にもよりますが、本格的な大きな発表会を開催している場合は一度に数万円の出費がある可能性があります。また、地域のイベントにメインに参加している教室の場合は数千円の出費で済むことがほとんどです。

    フラダンスのメリット

    フラダンス
    • 運動不足解消
    • 体幹が鍛えられる
    • リズム感がなくても始めやすい
    • 親子で楽しみながらできる
    • 長く続けることができる
    • 異文化に触れる
    • 笑顔を大切にする
    • 怪我をしにくい

    フラダンスは同じ姿勢をゆっくりとキープすることで腹筋を使い体幹が鍛えられていきます。

    また、ほかのダンスと違ってスローな動きがメインなのでリズム感がない子や激しく動き回るのが苦手な子でもとっつきやすい習い事の一つです。笑顔を大切にするダンスなので、笑顔作りのトレーニングにもなります。大人になっても続けやすいため、長期間にわたって続けていくことのできる習い事です。

    ハワイ発祥のフラダンスに触れることで異文化を理解することもできるでしょう。

    親子レッスンを行っている教室等もあると思いますので、興味があれば親子そろって楽しめるためそちらもおすすめです。

    フラダンスのデメリット

    • 跳んだり跳ねたりする動きが好きな子には物足りない
    • 近くに教室がない場合がある
    • 親の負担がある場合がある(衣装等手作り・メイクアップ等)

    激しい動きがないため、飛び回ったり走り回ったりするのが好きな子には物足りないと感じるでしょう。また発表会や舞台などの際には、親が衣装を手作りで作ったりする場合もあります。教室によって違うと思いますが、裁縫が苦手なお母さんには苦痛になる場合があります。

    小学生の場合は親がメイクアップを手伝ったりする必要があることを覚えておきましょう。

    フラダンスが向いている子

    1. 体を動かすのは嫌いではないけれど、激しい運動はしたくない
    2. 衣装に興味がある
    3. 踊ることが好き
    4. 音楽が好き
    5. 舞台に立ちたい
    6. 人とのコミュニケーションが得意

    ダンスのカテゴリーの中でも比較的ゆったりとした動きのフラダンスは、リズム感がなく、普通の振り付けについていくことが難しいお子様でも始めやすいダンスです。

    ゆっくりとした音楽が好きで、身体を動かすことが好きであればだれでも踊ることができます。

    また、衣装がかわいいという理由で始めたとしても楽しく続けていくことができる習い事でしょう。

    フラダンスを始める前に

    全国的にフラ教室の数は限られているので、家の近くにある場合はよいのですが、もしかすると遠くまで通うことになるかもしれません。

    毎週のことなので、送迎等が負担にならないか、続けられる距離かどうかも含めて検討するようにしましょう。フラダンスは大人も一緒に楽しめるダンスです。教室によっては親子教室を開いていたり、時間をずらして子どもとおとながレッスンを受ける場合もあるでしょう。将来的に一緒にフラを踊ることができますし、共通の話題もできて、親子で始めてみるのも楽しいでしょう。

    カルチャースクールなどでキッズ向けの教室がある場合もあります。近くに教室がない場合は、カルチャースクールなどを調べてみるとよいかもしれませんね。

    教室によっては、本格的で大きなイベントも多いい場合があります。逆に地域のイベント等に出ることをメインとしてやっている教室なのかによっても雰囲気が異なります。

    入る前に見学や体験レッスンを利用したり、発表会の際の金銭的なことや衣装準備について確認しておくとよいでしょう。