• フィギュアスケート
    フィギュアスケート,  子どもの習い事

    子どもの習い事【フィギュアスケート】

    フィギュアスケートは世界の舞台での日本人の活躍もあって、人気の習い事の一つです。屋内のアイスリンクがあれば一年中練習することが可能ですが、近くにアイスリンクがない場合は、習い事として始めるのは難しい習い事でもあります。

    バレエ同様に、女性らしい動きが多く女の子であればアイスの上で華麗に滑ってストーリーを描いていくアイススケートへの憧れは一度は抱くのではないでしょうか?

    人気の習い事ではありますが、極めていくことでかなりお金がかかる習い事のため、下調べは必要ですね。

    アイススケートの月謝とその他費用

    月謝

    スクール 3,000円~15,000円

    経営母体によって月謝は変わってきます。地域が主体となっているものは3,000円程度で習うことも可能です。一般的には6,000円~8,000ほどで月謝だけだとほかの習い事とほとんど変わりはありません。

    スケート靴はスケート教室の金額にレンタル料として含まれていることも多く、最初はレンタルのスケート靴で滑っても問題ありません。

    上達するには専属のコーチをつけたり、スケートクラブに所属する必要があります。コーチなどからの推薦が必要ですが、万が一自分の子供がそこそこスケートが得意で向上心もあって上を目指すのであればクラブに所属する必要が出てくるかもしれませんので、その際の覚悟は必要です。

    その他費用

    専属コーチ 2,500円~5000円/回 ※30分

    クラブ 15,000円~30,000円/月

    スケート靴(初心者用) 20,000円~30,000円 ※1年で2足程度

    スケート靴(上級者用)50,000円~100,000円以上 ※本格的にジャンプやスピンをする場合

    バッジテスト 20,000円程度

    練習用スケートリンクのレンタル 別途 

    遠征費・合宿費 別途

    競技会への出場 別途

    競技会への出場は様々な形で費用が必要となってきます。

    衣装代や曲代をはじめ、お金をかければきりがないことを覚えておきましょう。お金がかかる競技ですので基本的に、裕福な家庭の子が上級を目指していきます。衣装なども当たらに購入すれば大きな出費となりますが、先輩たちから衣装を譲り受けたりしながら上手に費用を抑えることは可能です。

    一般的な習い事としてはそこまで気負う必要はないでしょう。ただし、極めていくには費用が掛かることは頭に入れておきましょう。

    子どもが小さくても、ある程度本格的に習うためには年間100万円~300万円程度必要になります。

    フィギュアスケート

    フィギュアスケートのメリット

    1. バランス感覚が身につく
    2. 柔軟性がアップする
    3. 表現力が身につく
    4. チャレンジ精神が向上する
    5. 自信がつく

    一枚の刃でバランスをとるフィギュアスケートは体重をうまく乗せないと立っていることすらできません。

    そのため、フィギュアスケートを習うことでバランス感覚が養われ、きれいに立つことが身につくようになります。また、やわらかい体が基本的に求められるため、柔軟性もアップしていきます。

    舞台などを経験して度胸や自信にもつながるでしょう。

    フィギュアスケートのデメリット

    1. スケートリンクがどこにでもない
    2. 怪我のリスクがある
    3. 費用が掛かる

    フィギュアスケートを始めるにあたって、教室を行っているアイスリンクが通える場所にあることが前提となります。大きな街にはいくつかあるかもしれませんが、田舎の方へ行くとアイスリンクを探すことさえ難しい場合もあります。

    アイススケートは滑りやすい氷の上でジャンプしたり、スピンしたりと技を披露していくスポーツです。思わぬ形で転倒したりして怪我をするリスクもあります。また、費用のところでも述べましたが、意外とお金がかかってしまう競技でもあります。

    フィギュアスケートに向いている

    • 体が柔らかい
    • 表現力がある
    • 度胸がある
    • 努力ができる

    フィギュアスケートが好きという気持ちとともに、体が柔らかかったり、表現することが好きという場合はそれだけでアドバンテージとなります。

    柔軟性はもちろん練習の過程で強化されていきますが、もともと体が柔らかい子がと固い子では初めの段階から差があります。柔軟運動含め日々の努力が必要になる競技でもあります。

    また、柔軟性を高めるためにバレエを別で習ったりしている子も多くいます。

    フィギュアスケートを始める前に

    フィギュアスケートは女子に人気のスポーツですが、最近では日本人選手の活躍もあって、男子にも人気が出てきています。フィギュアスケートには美しく表現しようという表現力や柔軟性が大切になってきますが、比較的体の硬い男子も努力によって柔軟性を鍛えることができます。

    まずは、近くのスケートリンクに数回通って、子どもがスケートを楽しんでいるかどうか様子を見てみましょう。そのうえで、習いたいかどうかの確認もしましょう。

  • 柔道
    子どもの習い事,  柔道

    子どもの習い事【柔道】

    武道の中の習い事でも比較的メジャーな柔道。オリンピックなどでの日本人の活躍もあって、子どもたちの中でも憧れる子が出てくるかと思います。

    親御さんが柔道を習っていた場合は、自分の子供にも習わせたいと思うこともあるでしょう。また男の子だけでなく、女の子も強くなれることに憧れたり、護身術として習いたいと思うこともあるでしょう。

    柔道を習い始めることができるのは体も少しづつしっかりとし、集中力も付いてくる小学生になってからがおすすめです。実際に多く道場では小学1年生から通うことが可能です。

    スポーツの中には早くから習い始める方が有利なものもありますが、柔道は体がしっかりできてからでも遅くないでしょう。

    柔道の月謝とその他費用

    月謝

    1,000円~5,000円程度

    公共の運営の道場に通えば月謝を安く抑えることができますし警察署にも道場を備えているため、そこで教えている場合もあります。

    また私設道場は公設の道場に比べて月謝が高くなります。

     

    その他費用

    道着 10,000円程度

    帯 1,000円程度

    試合時の登録料 1,000円程度

    スポーツ保険 1,000円~2,000円/年

    昇級審査 数百円程度~(級や段・年齢により異なる)
    ※黒帯の試験の場合の登録料 約20,000円

    遠征費等 別途

    スポーツ少年団のような団体ですと費用は月に1,000円程度と安く習うことができます。

    またほかの習い事と比べても、比較的費用のかからない習い事です。

    柔道のメリット

    柔道
    1. 運動不足解消
    2. 体力づくり
    3. 精神力が身につく
    4. 護身術が身につく
    5. 礼儀作法が身につく

    1対1の個人競技である柔道ですが、体力づくりができるのは当然のことながら、礼儀作法も身に付きます。

    恥ずかしいとか大きな声を出すのは苦手などと言っていられません。自分の苦手な部分を克服していくことで、鍛えられていくことでしょう。

    また、護身術としても役に立つスポーツです。

    柔道のデメリット

    1. 餃子耳の可能性
    2. 怪我をする可能性がある
    3. 冬は寒くても裸足

    柔道は相手に体を押さえつけられたり顔を押さえつけられることもあります。寝技などによって耳に圧力がかかり餃子耳と言われる形の耳になることがあります。
    ただ、それも努力の証です。

    怪我をする可能性はどのスポーツでもありますが、柔道も他人と直接触れるスポーツで怪我はつきものです。

    そして、弱音は吐いていられませんが冬でもどんなに寒くても裸足です。鍛えられることは間違いありません!

    柔道に向いている子

    • 負けず嫌い
    • 積極性がある
    • 体格が良い
    • 瞬発力がある

    子ども時代の運動ができるというイメージは比較的足が速いことに由来してしまいます。ただし、柔道は足が速い必要はありません。むしろ足が遅くてもしっかりと骨太で体幹が備わっていたりする方が有利な場合があります。

    『足が速い=運動ができる』というイメージを払拭できるスポーツの一つです。

    柔道が好きで負けず嫌いで努力ができる子であれば体が小さくても、泣き虫でも問題ありません。

    柔道を習う前に

    大きな費用も必要なく、比較的お手軽に始めることができる柔道ですが、柔道は子どもに教える場合、道場によって方針が大きく異なる場合があります。

    礼儀礼節を重要視する道場や、礼儀礼節は当然のことながら技術面の強化に力を入れ厳しく指導する道場、また遊びながら楽しく指導する道場など様々です。

    自分の子供にあった道場を選ぶとよいでしょう。

    また、柔道をする上で一番大切なのが受け身です。受け身ができないと怪我につながります。そのため、受け身の基礎練習をしっかりとしている道場かどうかも観察するとよいでしょう。体験ができるのであれば、是非体験してみましょう。

    その際に試合の頻度等も確認するとよいでしょう。

  • バレーボール
    バレーボール,  子どもの習い事

    子どもの習い事【バレーボール】

    小さい子の習い事としては比較的マイナーなバレーボールですが、小学校3年生くらいから始められる教室が多くあります。年齢的にバレーボールとして成立するのは小学3年生くらいからになります。

    幼児期からの習う場合は主に、遊びながら、ボールに触れることが目的になるでしょう。

    バレーボールの月謝やその他費用

    月謝

    クラブチーム 6,000円~10,000円

    地域の教室 1,000円~

    市区町村が主催している地域のチームですと月に1,000円くらいからリーズナブルで行っている場合がほとんどです。

    月謝

    その他費用

    入会費 3,000円~10,000円

    年会費 0円~

    スポーツ保険 1,000円~2,000円

    バレーボール 3,000円~

    シューズ 3,000円~

    ソックス 1,000円程度

    練習着 3,000円~

    サポーター 2,000円~

    ユニフォーム 10,000円程度

    ジャージ 5,000円~

    バッグ 2,000円~

    テーピング・アイシング 1,000円程度

    通うスクールによっても違いますが、スクール指定のバッグやジャージが必要になる場合があります。集団スポーツのためチームのジャージも必要です。思っていたより意外と道具などにお金がかかるイメージでしょうか。

    選手などに引っ張られると、さらに費用が掛かると心得ておきましょう。

    バレーボールのメリット

    1. 運動不足解消
    2. 身体能力の向上
    3. 協調性が身につく
    4. 礼儀が身につく
    5. 仲間への思いやりの心

    友達が増える

    バレーボールを始める理由はそれぞれかと思いますが、運動不足解消になったり、身体能力の向上につながります。

    また、集団スポーツのため色々な仲間とコミュニケーションをとる必要があり、次第に協調性も身につくでしょう。

    バレーボールのデメリット

    1. 怪我がつきもの
    2. 親の負担が大きい場合がある

    足や指のけがは日常的に起こってしまいまうスポーツです。強いボールを指で受けたりして突き指をすることが多いでしょう。

    また、通う教室・スクールによっては親の負担が大きい場合がありますので、前もって確認するとよいでしょう。

    バレーボールが向いている子

    • 身長が高い
    • 瞬発力がある
    • 体を動かすことが好き
    • 積極性がある
    • 努力ができる

    バレーボールが好きということが条件となりますが、それ以外にはネット際で競り合うスポーツでもあるため身長が高いことは有利となります。もちろん成長過程で身長が伸びていきますし、リベロのようなポジションもありますので瞬発力があれば小さいからといって向かないというわけではありません。

    積極性がある方が、ボールを拾いに行くうえでもチームメイトとコミュニケーションをとるうえでもアドバンテージとして作用します。

    どんな子でもバレーボールが好きで努力ができる子であれば、あきらめる必要はありません!

    バレーボールを始める前に

    比較的手軽に始められるバレーボールですが、入ってから後悔しないためにも前もって下調べをした方がよいでしょう。

    チームによって方針も大きく違いますし、試合が頻繁に行われるチームもあれば技術練習がメインのテクニカルスクールのようなチームもあります。調べずに入ってから後悔するより、調べて知識を持って入った方が継続につながります。

    チームプレーのため、親の出番が多いケースもあり、その場合はほかの親との連携が必要となります。そのあたりの雰囲気も含めて観察したり質問したりするとよいでしょう。

    まず体験教室があれば是非参加してみましょう。

  • 少林寺拳法
    子どもの習い事,  少林寺拳法

    子どもの習い事【少林寺拳法】

    武道の中でも空手とよく似たイメージを持たれる少林寺拳法ですが、空手同様に一定の人気のある習い事の一つです。

    空手との違いは、空手が『突き』や『蹴り』に特化しているのに対して、少林寺拳法は相手の技に対応し、護身的にしたもとなります。『突き』や『蹴り』『投げ技』『関節技』などがありますが、基本的に人を攻撃するのではなく、自分の身を守って相手を抑えるものです。

    力も強い必要はないため、小さな子どもでも始めることができます。

    日本発祥の武道で、少林拳などと混同されることもありますが、実は全く別の武術になります。

    武道について色々と論じるときりがありませんが、子どもの習い事として始めるなら空手同様に護身術にもなり、日本のスポーツ特有の格好良さもあり、憧れる人も多いでしょう。

    少林寺拳法の月謝とその他費用

    信徒香資(お布施)

    4,000円程度

    まず、少林寺拳法には月謝という概念はありません。ほかの習い事のようにスクールなどはなく、宗教法人が母体となりますので、道院に入門という形となり、信徒香資(お布施)というものを収めることになります。※感覚的には月謝でよいと思います。

    月謝

    習い事という概念ではなく道院へ入門して、『修行』という位置づけになります。挨拶はもちろんのことマナーからしっかりと学ぶことになります。

    年齢や行われる場所によっても金額が変わってきます。

    その他費用

    年会費 1万円程度

    道着 5,000円~

    帯 1,000円程度

    昇格昇段試験 別途

    ほかの習い事に比べたら、手ごろな出費となるでしょう。昇格試験に別途費用が必要だったり昇段するには、ある会場まで足を運ばなくては昇段試験が受けれないということもあります。念のため確認をしておくとよいでしょう。

    道着は想像していたよりお手頃に買えるのではないでしょうか?

    少林寺拳法のメリット

    1. 運動不足解消
    2. 精神的に強くなる
    3. 護身が身につく
    4. 集中力が身につく
    5. 力は必要ない

    礼節を重んじ、精神統一をすることが求められるため、精神的に鍛えられていきます。また、特別な力も必要ないため女の子でも始めやすい習い事ですし、護身術としても役に立つことでも人気です。

    少林寺拳法のデメリット

    1. 対人試合がない
    2. 宗教的団体が母体

    空手などのような試合は行われず、昇級昇段試験を目指すことになります。試合がないため、子どもの性格によっては物足りないと感じる場合もあるでしょう。

    また、宗教的な武道となりますのでそういった面での理解は必要になるでしょう。

    少林寺拳法の向いている子

    • 落ち着きがある
    • 努力ができる
    • 人前で大きな声が出せる

    落ち着きがない子でも、少林寺拳法を通して集中力もついていくでしょう。最初から落ち着きのあって、物おじしない子の方が馴染むのは早いかと思いますが、少林寺拳法を好きと思えるのであれば努力もするでしょうし、心配はありません。礼儀礼節を重んじる環境で、精神的に成長していくでしょう。

    少林寺拳法を始める前に

    少林寺拳法を行っている場所はもしかしたら近くにない場合もあります。入口としては近くに道場がある方が通いやすいでしょう。

    また、近くにある場合は体験が可能であれば是非体験をしてみましょう。子どもが気に入るかどうか、やってみたいと思うかどうかが大切です。試合等がないため、物足りないと感じる場合もあるでしょうし、大人しい子なら黙々と昇級試験に向けて練習する方が向いている場合もあるでしょう。

    礼節という意味では、ほかの武道も大きく変わりはありませんが、お子様の性格と照らし合わせて相性があうかどうかも様子を見てみましょう。

  • チアリーディング
    チアリーディング,  子どもの習い事

    子どもの習い事【チアリーディング】

    チアリーディングとはチームで音楽に合わせダンスやスタンツを行うスポーツで、ダンスの要素もあり華やかなイメージもあります。

    実際はダンススポーツでかなりハードですが、見た目の華やかさに憧れる女の子たちも多いのではないでしょうか。

    そもそもは、アメリカでフットボールチームを応援するためのパフォーマンスが始め理と言われています。実際に、TVなどでもフットボールの試合にチアリーディングを見かけることがあると思います。

    チアリーディングは、チアダンスと一緒にカテゴライズされる場合もありますが、正確にはチアリーディングはアクロバティックに組体操を行う競技が含まれるのに対し、チアダンスはポンポンや旗などを使って、音楽に合わせて行いスタンツは行いません。チアリーディングではアクロバティックなバク転や組体操は必須となります。

    チアリーディングから派生したのがチアダンスです。

    チアリーディングの月謝とその他費用

    月謝

    4,000円~10,000円

    運営の母体にもよりますが、コーチが個人で立ち上げたようなスクールですと1回いくらで回数によって設定されていることもあります。個人で運営されている場合は比較的リーズナブルな場合が多いでしょう。スポーツクラブに入る場合は月謝として払い入会金や年会費が発生する場合もあります。

    その他費用

    入会金 4,000円~10,000円

    年会費 0円~10,000円

    スポーツ保険 1,000円~2,000円

    練習着・ポンポン 3,000円~

    ユニフォーム 10,000円~15,000円

    ポニーテール用リボン等 1,000円程度

    シューズ 3,000円~7,000円

    バッグ・防寒着等 10,000円~15,000円程度

    大会参加費 1,500円~5,000円

    基本的には練習は練習着でOKですが、大会やイベントなどではユニフォームを着用することになります。ユニフォームは入る団体によって金額も違うでしょうし、バッグ等もチーム指定のものをそろえる必要があるかもしれません。細かいことはスクールによっても違いますので、確認しましょう。

    チアリーディング

    チアリーディングのメリット

    1. 運動不足解消
    2. 体力強化
    3. 社会性・コミュニケーション能力の強化
    4. 友達が増える
    5. 人への配慮(思いやり)ができるようになる
    6. リズム感が身につく

    チアリーディングは意外に地味なスポーツです。日々の練習はストレッチなどを多く取り入れ体を柔軟にしていく必要がありますし、レッスンのない日も自宅でコツコツと柔軟性を高めるトレーニング等をする必要があります。ダンスの曲を覚える必要もありますし、次のレッスンまでに覚えることもあるでしょう。

    チアリーディングのデメリット

    1. 落下事故などの危険性
    2. 練習が厳しい
    3. 親のサポートが必要
    4. 日々のトレーニングが必要

    アクロバティックなチアリーディングは落下などの事故のリスクがあります。事故を防ぐ意味でも、練習は厳しめです。

    また、集団でのスポーツのためマイペースに行うことができません。次のレッスンまでにダンスをマスターしたり、柔軟性を高めたりと日々のトレーニングが不可欠になります。また、ビデオをとって練習に活用する必要があるので、親のサポートも必要になります。

    チアリーディングが向いている子

    • 元気がある
    • 人を思いやれる
    • 体を動かすことが好き
    • 身軽である
    • 努力ができる
    • 積極性がある

    チアリーディングは笑顔や声の大きさもポイントになります。元気があって活発な子は意識しなくてもすぐにできますし、おとなしくて内向的な子は努力が必要になります。

    ダンスの上手い下手に関わらず、大きな声を出すことは必須になりますので、声が出せない子は負担に感じるかもしれません。ただ、それも努力で変われますのであきらめることはないでしょう。

    また、集団でチームワークがとても大切な競技です。チームメイトを思いやる心が育つでしょう。

    向き・不向きにかかわらず努力することと、チアリーディングがすきという気持ちが一番大切になります。

    チアリーディングを始める前に

    メジャーなスポーツほど教室を選ぶことはできませんが、近くに通える教室があるのであれば、一度見学に行ってみるとよいでしょう。

    憧れもあるので、見るとやってみたくなるかもしれませんが、厳しさなども目にすることができますし、どんなものかを体感することができます。

    また、教室によって大会に出る頻度なども変わってくると思いますので、前もって確認しておくと心の準備もできますし、サポートの仕方などの目安にもなると思います。

    子どもが小さいうちは特に、親がストレッチや柔軟体操などを先導する必要があるかと思います。そのあたりも含め、覚悟が必要かとは思います。

    ちなみに、うちの子は柔軟性がまぁまぁあって体を動かすことが好きなので、試しにチアリーディングを進めてみましたが、あんなにハードなことを自分ができる気がしないという理由で全然食いつきませんでした。本人の興味ややる気も大きく左右しますので、一度体験してみることをお勧めします。

     

  • ゴルフ
    ゴルフ,  子どもの習い事

    子どもの習い事【ゴルフ】

    環境に恵まれた人たちから人気のゴルフですが、若い子たちが多く活躍する姿を見て子どもにも習わせたいと思う人も多いのではないでしょうか?早いところでは3歳から入会可能な教室もありますが、一般的には小学生から始めるケースが多いでしょう。

    ただ、ゴルフを習い事として始めるにあたって、知っておきたいことの一つに費用のことも含まれるのではないでしょうか?

    ゴルフの月謝とかかる費用

    月謝

    6,000円~12,000円(グループレッスン/週1回)

    5,000円~ (個人レッスン/30分)

    月謝

    その他費用

    入会金 0円~30,000円

    自主練習(うちっぱなし)5,000円~10,000円/週数回

    ラウンドレッスン 5,000円~20,000円/1回

    ゴルフ協会費 2,000円~10,000円/年

    大会参加費 5,000円~

    遠征費 場所や期間により様々

    クラブセット 10,000円~30,000円

    ゴルフウェア 10,000円程度

    グローブ 1,000円程度

    ゴルフシューズ 5,000円~10,000円

    ゴルフバッグ 3,000円~10,000円

    ゴルフは基本的にグループレッスンで行われ、上達を目指す場合などは個人レッスンを取り入れたりします。また、定期的に(月に1回程度)ラウンドレッスンを入れて、実際のコースになれる練習も必要です。子どもが小さいうち(初心者)は月謝だけで充分ですが、上達してきた場合や更に上達を目指す場合には、個人レッスンを取り入れていくことになるでしょう。

    また、自主練習も打ちっぱなしに通うことになると思います。週2回程度通うのが一般的なようなので、自主練習で10,000円程度かかる可能性があると覚悟をしておきましょう。

    また、ゴルフを始めるのにかかる道具代は意外と大きな出費です。ただし、最初はゴルフクラブのレンタルを利用することもできます。続けられるかどうかわからない場合は、最初はレンタルでも十分です。徐々に子どもに合ったクラブを購入したり、セットの方がお得なので慣れたころを見計らってセットで購入してもよいでしょう。小さいうちはフルセットは必要なく、6~8本ほどあれば十分です。身長によってクラブの長さも変わってくるので、買い替えを考えると費用も負担になりそうです。

    また、万が一上達してきてプロを目指したりするようになれば年間数百万もの出費の覚悟が必要です。

    そうなってくるとさすがに家計に余裕がないと無理そうですが、将来楽しむための習い事なのか、本格的に上を目指したいのかは、家計との相談にもなります。

    ゴルフクラブ
    ゴルフ
    ゴルフコース

    ゴルフのメリット

    1. 息の長いスポーツ
    2. 将来的にビジネスツールにもなる
    3. 集中力が身につく
    4. 家族で楽しめる
    5. マナーが学べる

    ご存じの通りゴルフは大人になってもある程度歳を重ねても楽しめるスポーツです。ほかの身体的にハードなスポーツに比べると、筋肉をたくさん使う必要もないので、大人になっても楽しく続けることができます。

    また、ビジネスツールとしても便利なスポーツです。ゴルフをたしなむことで、ビジネスでのこにゅにケーションに役立つこともあるスポーツです。

    スコアにハンディーなどを取り入れることで家族でプレーでき、幅広い年齢層が一緒に楽しむことができます。

    マナーが学べるのはもちろんですが、1球1ショットに集中する高い集中力が必要になるので、集中力を鍛えるのにもぴったりです。精神を集中することで、メンタルも鍛えられるでしょう。

    ゴルフのデメリット

    1. 揃える道具や練習場所のこともあり気軽に始めることが難しい
    2. お金がかかる

    お金がかかるイメージのゴルフですが、実際にどのレベルを目指すのかにもよりますが、かなり高額な出費となる可能性もあります。

    まずは、万が一子どもが上を目指したがった時にどのくらいの出費になるのか、家計からどのくらいの予算を算出できるのかを把握しておきましょう。

    練習をするのにも費用が別途発生してしまいますので、そのあたりも把握しておくとよいでしょう。

    ゴルフに向いている子

    • 集中力が高い
    • せっかちでない
    • 努力ができる

    ゴルフは精神の乱れが出やすいスポーツのため、高い集中力が求められます。もちろん、鍛えられていく部分なので、最初は集中できないからといってあきらめる必要はありません。興味が沸けば急に集中力を発揮する場合もあるでしょう。

    まずは、楽しんでゴルフを続けることが大切です。

    ゴルフを始める前に

    ゴルフを始めるにあたって、費用の把握はもちろんですが、慌てて道具を買いそろえたりする必要はないと覚えておきましょう。

    まずは道具はやすい物でもありませんし、レンタルからで十分かと思います。また、子どもがゴルフをやりたいと言い出すには、ご両親がゴルフをやっている等の環境もあるかと思います。万が一、『自分たちはゴルフをやらないけれど子どもにはやらせたい』という場合は特に、無理強いになっていないかを確認しましょう。

    通えるかどうかにもよりますが、じっくり自分と向き合うスポーツのため、コーチとの相性も大きく左右します。子どもに指導法があっているかどうかも確認するようにしましょう。

    体験教室がある場合は、体験教室へ足を運んでみましょう。

    また体験教室などが見当たらない場合は、家族で打ちっぱなしに行ってみることをお勧めします。

  • 新体操
    子どもの習い事,  新体操

    子どもの習い事【新体操】

    ボールやリボンを自在に操り、美しくダイナミックに動き回る新体操は女子なら一度は憧れたことがあるのでは何でしょうか?美しくかつダイナミックな動きの新体操は見ているだけでも圧倒されてしまいますね。オリンピックでの『フェアリージャパン』の演技は見ごたえがあります。

    近年では男子も迫力いっぱいにバク宙や大技を繰り広げる姿を目にすることが増えました。バレエ教室などに比べると教室の数も少なく入口は広くありませんが、実際子どもが興味を持ち始めるとすればどのくらいの費用が掛かるのでしょう。また、メリット・デメリットはどんなものがあるのでしょう。

    新体操の月謝とその他費用

    月謝

    4,000円~10,000円

    教室によって様々ですが、周に何回通うかによっても金額が変わってきます。月謝に関してはシンプルなので、各教室に確認しましょう。

     

    その他費用

    入会金 0円~10,000円

    年会費 3,000円~

    事務手数料 1,000円~2,000円

    スポーツ保険 1,000円~2,000円

    チームユニフォーム 5,000~25,000円

    レオタード(練習着)2,000円~

    レオタード(大会用)20,000円~50,000円

    シューズ 2,000円~3,500円

    リボン・ボール・フープ等の道具一式 30,000円程度

    発表会(先生への謝礼等含む) 3,000円~50,000円

    大会参加費 20,000円~30,000円

    大会用の曲アレンジ料 0円~50,000円

    大会交通費・宿泊費

    新体操には意外と多くの費用が必要になる可能性があります。特に大会に参加する場合などは衣装代やエントリーの際の費用など想像していた以上の金額になるのではないでしょうか?

    実際教室によって色々と変わってきますので、不明な点は前もって質問をしておきましょう。

    新体操のメリット

    1. 運動不足解消
    2. 柔軟性が身につく
    3. 姿勢がよくなる
    4. しなやかな筋肉がつく
    5. 協調性や社会性が身につく
    6. 集中力が身につく

    新体操といえばしなやかで柔軟な体に、強い体幹といったイメージですが、実際にそういった体作りが期待できます。

    また、人前で技を披露していくことで度胸も付き、ものおじすることなく自信をつけることができます。

    新体操のデメリット

    1. お金がかかる
    2.  親の負担が大きい場合がある

    どちらも、親のデメリットとなりますが新体操は思っている以上にお金のかかる競技です。教育費の予算内に収まらないようであれば続けていくことが難しくなる場合がありますので、最初の段階でしっかりと考えましょう。

    また、目には見えにくい部分ですが、発表会の運営等に親がかかわるケースがあります。役員を決めて運営したりすることもありますので、親の負担も覚悟しておきましょう。

    オリジナルの衣装づくりのため、レオタードなどにスパンコールなどの装飾を親がする必要がある場合もあります。裁縫が苦手な人や、共働きで忙しく働いている人には難しいこともありますので、教室の方針などをしっかり確認しましょう。

    集団スポーツに近いイメージですので、スイミングなどのように単体で動くことができなことを心得ておきましょう。

    新体操に向いている子

    • 柔軟性がある
    • 社交性がある
    • 体を動かすことが好き
    • ものおじしない
    • コツコツと努力ができる

    以上のようなことは新体操をする上でアドバンテージとなりますが、たとえ柔軟性がなくても努力次第で体は変わってきますし、恥ずかしがり屋でも場を踏むことで度胸がつくこともあります。

    まずは子どもが新体操が好きという気持ちを大切にしましょう。

    新体操を始める前に

    新体操は、想像以上にお金のかかる競技です。習い事として気軽な気持ちで手を出したものの、あまりの出費の多さや親の負担に音を上げることになるかもしれません。

    そうならないためにも、しっかりと下調べをしておくことをお勧めします。

    ほかのメジャーな習い事に比べると教室の数は少ないため、通うのに便利な場所にない可能性もあります。

    習い事として本格的にやりたいのに初心者向けの小さな教室しかない場合や、逆に体力づくりのために始めたつもりなのに、上級者まで通うようなハードな教室の場合もあるでしょう。

    教室のカラーや特徴などをしっかりと把握するようにしましょう。

    あとは親子ともにやる気と努力する心があれば大丈夫です!

  • ダンス,  子どもの習い事

    子どもの習い事【ダンス】

    体育の授業でもカリキュラムに取り入れられるようになったダンスですが、同時に習い事としても人気となってきました。比較的新しい習い事の一つですが、スタイルも幅が広く子供のスタイルに合ったものを見つけられるといいですね。

    ちなみにダンスのジャンルについては、キッズダンス(ミックスダンス)・ヒップホップ・ブレイクダンス・ポップ・ロック・ジャズ・ハウス・ストリート・レゲエ・コンテンポラリーなどが幅広く存在しています。

    ダンスの月謝とその他費用

    月謝

    月謝

    5,000円~25,000円 

    チケット制 1,000円~/回(利用期限あり)

    ダンスの月謝の相場は様々です。

    通い放題などのコースもありますので、値段設定も色々です。

    月謝制のところもあれば、1回●円のチケット制のところもありますし、定額で通い放題の教室もあります。チケット制の場合は、使用期限が決まっていることが多いです。

    また、振り替えが可能だったり、逆に振替ができない場合もあります。子どもが小さい場合は風邪等でお休みすることも多いかと思いますので、チェックしておきましょう。

     

    その他費用

    入会金 0円~30,000円

    年会費 0円~10,000円

    事務手数料 1,000円~2,000円

    靴など 10,000円程度

    コンテスト参加費 1,000円~

    衣装代 1,000円~50,000円

    イベント費

    教室によっては、イベントや舞台などの場が多く用意されている場合があります。また、発表会などは特になくテクニックだけを中心に練習する場合もあります。

    スポーツクラブが母体のところは発表会もなく進級テストだけが行われたりします。

    スクールによってかかる経費は、スクールの方針によってかなり違ってくるでしょう。

    ダンスのメリット

    1. 運動不足解消
    2. 体を動かして楽しめる
    3. リズム感や体の使い方が身につく
    4. 柔軟性が伸びる
    5. 表現力が身につく
    6. 社会性が身につく
    7. 可能性が広がる
    8. 体育で活躍できる

    体を動かすので運動不足解消はもちろん、子どもは基本的に音楽が好きなので、好きな音楽に合わせて楽しく踊ることができるでしょう。

    また、ダンスには思い切り自分を表現する必要があります。決まった動きステップの中に羞恥心があればうまくいきません。その羞恥心を取り払い自分自身を思い切り表現する力が必要になります。また、集団で活動する機会も多いため、コミュニケーション能力や社会性が必要となり、その部分を伸ばすことができるでしょう。

    柔軟性については体の硬い子は不利になりますが、日々のトレーニングで今以上の柔軟性を身に着けることが可能でしょう。

    体育のカリキュラムでも必須項目となっており、ダンスの基礎があるだけで授業も楽にこなすことができるでしょう。

    ダンスのデメリット

    1. ジェネレーションギャップが大きい
    2. 個人技のようで集団性も高い

    年配の方にとってはなじみが薄いため見た目の派手さや華やかさから敬遠される場合もあります。衣装や見た目が年配の方から見ると見慣れないため受け入れられづらい面は出てくるかもしれません。

    現在は学校の授業のカリキュラムにも入っているほどですので、あまり心配する必要はありません。

    また、ダンスというと種類やスタイルにもよりますが個人での技が大切なイメージですが、実際ダンスのスタイルによってはみんなで舞台で披露する機会も多くあります。その場合、一つの振り付けをみんなで覚えて揃えることも必要になります。集団スポーツといっても過言ではない面もあるかと思います。

    そのため、社交性や社会性などコミュニケーション能力や人が好きかどうかも、関わってきます。

    ダンスが向いている子

    • 体を動かすことが得意
    • 音楽が好き
    • ある程度の柔軟性がある
    • 人前で表現するのが好き
    • 努力ができる

    ダンスを習う上で、まず音楽やリズムが好きか、身体を動かすことが好きかが関係してきます。

    バレエほどではありませんが、ある程度の柔軟性があった方が体が動きやすく体での吸収も早くなります。

    ただ、上記した項目はアドバンテージのレベルになりますので、楽しくダンスを習うものに関しては重要性はありません。

    中には体を動かすのが好きでも、人前で踊ったり表現するのは苦手な子もいます。
    人前で踊ることには慣れてくるかとは思いますので、まずはダンスが好きか・楽しいかどうかを優先しましょう。努力をすること、ダンスを好きと思えることが一番大切な事項です。

    我が家の運動音痴の子も実はダンスを習っていました。親のエゴで運動音痴を矯正するためです。

    将来的には『体力づくりのために何か球技でもやったらいいんじゃないかな?』と思っていたので、それまでのつなぎでとりあえずダンススクールに入れてみました。もちろん本人の了解のもと(4歳児)です。

    あやふやなまま始めましたが、身体はガチガチで柔軟性もなく、特に音楽に合わせて体が動くタイプでもなく、身体を動かすのが特に好きなわけでもなかったですが、本人が努力家なことが手伝って、何とか楽しく続けることができました。

    結果、サッカーを始めたときに基礎トレに困ることなくステップを刻んでいました。運動はとても苦手なのに、みんなが悪戦苦闘していた基礎トレが簡単にできたので褒められて自信につながっていました。

    その後はやはり運動が好きな子があっという間に追い上げてきましたが、運動に自信のない我が子にとっては少しでも他の子よりもできたことで自信につながっていました。

    ダンスは長くは続けませんでしたので、続けていたらどうなっていたのかの詳細は分かりませんが、身体能力を高めるのには十分役に立つと実感しています。

    もしも続けていたら、身体を動かすのは苦手なことが手伝って、相当苦戦していたかもしれませんし、努力が功を奏して予想以上に楽しんでいたかもしれません。体の硬さや運動能力の加減もあり極めることができないのだけは確かですが、それ以外正直なところ未知です。

    ヒップホップ ダンス

    ダンスを始める前に

    ダンスはスタイルによって体を使うパーツや動きが大きく異なりますが、近くのスクールもしくは通いたいスクールがどんな雰囲気でどういう練習をしていて、どの程度発表の場やイベント参加があるのかは確認しておいた方が容易でしょう。

    分からず始めてしまってから、『そんなつもりではなかったのに!』となってしまうのは親にとっても子どもにとっても非常に残念です。

    有料・もしくは無料で単発レッスンを体験できるかと思います。体験レッスンで子供たちの雰囲気をつかみ、教室の方針をしっかり確認しておきましょう。

    本格的にスクールを始める前に、自治体等で行っているキッズダンス教室などがあるかもしれませんので、そちらで試してみるのもいいでしょう。

    色々なイベントを期待していたのに、イベント参加があまりない場合や、とりあえずステップ等を学びたいと思っただけなのに、たくさんのイベントや発表会がある場合は期待外れになりかねません。

    イベント参加がある場合は、念のため衣装等のことも確認してみるといいでしょう。

    集団スポーツのように、ダンスも集団の競技です。ほかの保護者の雰囲気等も可能であれば見ておきましょう。

  • 陸上
    子どもの習い事,  陸上

    子どもの習い事【陸上】

    運動系の子供の習い事で、運動不足解消のために手軽に始められるものに陸上があります。走るという行動は生活していれば普通に行う行動ですので、イメージもしやすく特別な道具等も必要なく比較的始めやすいスポーツです。

    ご両親が陸上経験者なら陸上をさせたい場合も多いのではないでしょうか?

    陸上の月謝とかかる費用

    月謝

    1,000円~5,000円(週1回)

    8,000円程度(週2回)

    市や自治体で行っている教室の場合月に1,000円(半年払いや年払い)程度のところもあります。

     

    その他費用 

    • 入会金 0円~5000円
    • スポーツ保険 500円~1000円程度(1年)
    • ユニフォーム 5,000円~15,000円
    • シューズ 4,000円~
    • バッグ 
    • 防寒着 5,000円~
    • 帽子(夏) 1,000円~

    ほかの習い事に比べて圧倒的に費用の安い陸上ですが、ユニフォームが必要な場合と必要でない場合があります。

    小さいうちは特別シューズも必要ありませんが、ファッション性の高いものではなく運動用に準備しましょう。

     

     

    陸上のメリット

    1. 運動不足解消
    2. 体力がつく
    3. 忍耐力が鍛えられる
    4. 正しいフォームが身につく
    5. 達成感が味わえる

    陸上は基本的に個人競技のため、自分自身との戦いになります。運動不足解消や体力がつくのはもちろんですが、自分自身と向き合うことで忍耐力が鍛えられます。

    一番期待したいのが『速く走れるようになること』かと思いますが、まずはフォームを改善していくことでタイムも伸びていくでしょう。自分との戦いになるため、目標を達成した時には自分自身を称え達成感を味わうことができます。

    また、個人競技とはいえ同じ教室に通う仲間と切磋琢磨しながら成長していくでしょう。

    陸上のデメリット

    1. チームプレーではない
    2. 勝った時に一体となって喜びを分かち合えない

    チームプレーではないので、コミュニケーション能力が育つことは期待ができません。ただ、自分と向き合う力はついていくでしょう。

    また、順位はもちろんですが、基本的には一緒に教室に通う仲間はライバルで自分自身の記録との戦いになりますので、勝ったり記録を達成した時には友達と一体となって喜ぶことができません。

    陸上に向いている子

    • 足が速い(瞬発力がある)
    • 忍耐力がある
    • 努力できる
    • チームプレーが苦手である

    やはり運動系の習い事をするにあたって、足が速かったり体を動かすのが好きなことはアドバンテージとなります。

    ただ、足が遅いからといって陸上に向いてないというわけではなく、走り方のフォームやスタート飛び出し方ひとつで格段に変わる場合もあります。

    そして、陸上の良いところは走るばかりではないということです。

    短距離走・長距離走・ハードル走・走り高跳び・走り幅跳び・砲丸投げなど多くの競技が存在し、自分の持ち味が生かしやすいかと思います。

    私事ですが、2人の正反対の我が子たちを見ていて感じることは、遺伝的なことはさておき、一人は『体を動かすのが苦手=速く走るのに必要な筋肉が発達していない』もう一人は『体を動かすのが得意=速く走るための筋肉を常に使っており発達している』の違いのような気がしています。

    小さいころから体を動かすのが苦手だった一人は、サッカーをやっており足は遅いです。ただ、持久力はチームの中でも1・2を争えるくらいあり、長距離走では活躍できているようです。もう一人は勝手に身体が動くタイプで、放っておいても、じっとしてなさいと言っても体が動いてしまうようで、常に足を使っているため短距離に向いていそうな脚の形をしています。それぞれの持ち味もあると思いますので、何事も好きという気持ちと努力次第です。

    みんなでワイワイするのが大好きでチームプレーを好む子よりは黙々と自分のことがこなせる子の方が向いているとはいえるでしょう。

    陸上を始める前に

    陸上

    なぜ陸上を始めるきっかけとしては、『足が速いから』『走り回って体を動かすのが好きだから』『足が遅いから』『フォームを修正したいから』『運動会でかっこよく走りたいから』など様々な理由があると思います。

    発達するのが10歳ごろからのようなので、あまり早く始めなくても大丈夫です。ちなみに、陸上教室といってもひたすら走っているわけではなく、縄跳びをしたり鬼ごっこをしたり、ボール遊びをしたりと色々な遊びを取り入れながら、能力を伸ばしていきます。

    子どもが好きと思えるなら、特に道具も必要なく気楽に始められる習い事なので、やって見るとよいでしょう。

    1年生くらいから入れるところが多くあります。体験ができるのであれば体験を利用してみるとよいでしょう。

    低年齢向けにはかけっこ教室などが人気です。かけっこ教室はフォームを修正して早く走るコツを教えてくれる教室です。また、日々のトレーニングなどを指導してくれたり、苦手な項目の練習法を教えてくれたりもします。

  • バスケットボール
    バスケットボール,  ミニバスケットボール,  子どもの習い事,  子育て

    子どもの習い事【バスケット】

    小学生になると、子どもの習い事も多様化してきます。その中にバスケットボールもあります。小学生のバスケットボールはミニバスケットボールと言われます。

    大抵の場合小学1年生からが対象となります。中には3歳から始められるスクールもあるようです。

    バスケットの月謝とかかる費用

    月謝

    月謝

    スポーツ少年団 1,000円~2,000円

    クラブチーム 5,000円~8,000円

    入会金 0円~10,000円

    年会費 0円~5,000円

     バスケットボールもほかの習い事同様に、スポーツ少年団かクラブチームなのかによって月謝等は大きく変わってきます。
    近くにあるチームがどういうチームなのかは下調べしておくとよいでしょう。
     
     

    その他費用

    バスケットを始めるにあたって、ボールなどの道具が必要になります。

    • ボール 3,000円~
    • ユニフォーム 8,000円~15,000円
    • バスケットシューズ 4,000円~ 
    • 練習着 2,000円~ 
    • 上着 5,000円~
    • バッグ 3,000円~
    • 合宿費 
    • 遠征費

    最低限の道具は必要になります。

    初期投資としては比較的安めのスポーツのように思います。たいていの場合、靴以外は大きめのユニフォームなどを準備して数年間使うことになるので、後発での出費は少ないかと思います。

    ただ、ほかのスポーツ同様あこがれの選手が履いているシューズやチームのユニフォームなど子どものこだわりが出てくることがありますので、覚悟は必要でしょう。

    バスケットボール

    バスケットのメリット

    1. 運動不足解消
    2. 体が強くなる
    3. 身長が伸びる
    4. コミュニケーション力が鍛えられる
    5. 友達が増える
    6. 判断力が身につく
    7. 体育館でやる場合は天気に左右されない
    8. 室内球技のためユニフォームの汚れが少ない

    バスケットも団体スポーツのため仲間とのコミュニケーションが必須となります。またチームプレーにより仲間意識も芽生え友達も増えるでしょう。身長が伸びるのは個人差によるところも大きいですが、成長期に適度な運動をすることで成長を促してくれるでしょう。

    バスケットのデメリット

    1. 怪我をしやすい
    2. チームにより親の出番が多い場合がある
    3. 熱中症などのリスク
    4. 遠征がある
    5. 試合等で土日の予定が埋まってしまう

    基本的にスポーツをする以上怪我は付き物ですが、接触や転倒も多いスポーツのため怪我も付き物でしょう。また、熱心なチームの場合は試合数も多く土日が試合で埋まってしまう可能性もあります。その際の親の出番等も頭に入れておきましょう。

    遠征の場合は車の乗り合わせ等の話し合いや、スポーツ少年団の場合は当番制があったり団体スポーツだけに色々と親の出番がある場合もありますので、覚悟はしておきましょう。

    バスケットが向いている子

    • 人が好き
    • 体を動かすことが好き
    • 人を思いやれる
    • 努力できる
    • 積極性がある
    • 俊敏性がある

    習い事に迷ったら、是非子どもの好きなことの中から向いているものを探したいのではないでしょうか?

    この中に当てはまるものがあってバスケットを好きという気持ちがあれば長く続けることができるでしょう。人と上手にコミュニケーションをとろうとすることは団体スポーツをする上で必要な技術です。持ち合わせていないことでも、本人の意識と努力で育てていくことも可能ですので、当てはまらないからといって向いていないというわけではありません。

    好きという気持ちと努力する力があればどんなことでも一生懸命に取り組むことができますし、仲間にも認めてもらうことが可能です。

    バスケットを始める前に

    まずは、バスケットボールがどんなものかを子どもに知ってもらう必要があります。体験教室などがあればぜひ参加してみましょう。

    その際に、スクールの方針や試合の多さ、保護者の雰囲気などを観察したり質問したりして、クリアにしておきましょう。

    体力づくりと思って入れたのに思っていた以上にハードだったりすると続きませんし、うまくなってたくさん試合もしたいと思っていたのに、練習メインの教室だとつまらなくて辞めたくなるかもしれません。

    最初はスポーツ少年団のようなところに所属して考える方法もあります。

    スクールが通える場所にあるのかどうか、万が一送り迎えが難しい場合の送迎手段は確保できるかなども考慮してスクール選びをするとよいでしょう。