• お中元,  お歳暮,  お見舞い・退院,  出産内祝い,  出産祝い,  卒業・就職,  合格・入学,  引越し内祝い・新築内祝い,  引越し祝い・新築祝い,  快気祝い,  成人祝い,  結婚内祝い,  結婚祝い,  贈り物・プレゼント・ギフト図鑑

    贈り物・プレゼント・ギフト【のし選び】正しいのしの選び方

    誕生日などのカジュアルな贈り物以外で、冠婚葬祭を含む贈り物をする際に熨斗が必要な場合や水引を使い分ける必要があります。

    必ず贈り物の機会はあると思いますので、迷った時のためにご紹介していきます。

    最近はカジュアルな感覚での贈り物も増えてきましたので、必ずしもきっちりとする必要のない場合もありますが、知っておいたうえで省略するのと知らずにやらないのでは違いが出てきますので、失礼のないようにマナーとして知っておくとよいでしょう。

    熨斗とは?

    熨斗

    熨斗はのし紙の右上についている飾りのことです。日本の贈り物の特徴の一部と言えます。

    もともとは生ものの象徴として付けられ、贈り物が神仏への供え物というところからきていると思われます。

    基本的に、生もの以外を贈る際には熨斗を張るのがマナーとされ、生ものを贈る場合には不要とされています。

    また、生ものを備えることなタブーの仏前のお供えには熨斗は必要ありません。ただ、最近はこのような習慣もあやふやになりつつあり、贈る方贈られる方互いに気にしないということも増えてきました。ただ、マナーとしてはNGとなることもありますので、年配の方への贈り物等は気を付けた方がよいでしょう。

    のし紙とは?

    水引と熨斗が印刷された紙をのし紙といい、実際には熨斗や水引をつけますが、紙に印刷しておくことで簡単に放送することができ、特別な贈り物としての改まった気持ちを表すことになります。

    大切な贈り物の場合はのし紙では、失礼にあたることもありますので注意が必要です。

    贈り物を購入した店舗でのし紙をかけていただくことになると思いますが、大事な用途の場合はお店の人に確認をするようにしましょう。

    のし紙と一言で言っても、慶事用・弔事用で印刷された水引の色や種類が異なります。

    贈る場面によって正しくのし紙を使い分けましょう。

    のし紙

    水引とは?

    水引

    水引とは贈り物を結ぶ紐にあたり、結び方に意味があります。

    繰り返したいおめでたい事には蝶結び、一度きりであってほしいことには結び切りにします。
    一般慶事には紅白、お祝い事には金銀、弔事には黒白もしくは銀のものを使用します。法事など先祖祀りでは黄白を使う場合もあります。

    これは地方により異なりますが分からない場合は贈る側に合わせても問題ないでしょう。

    神式では白のみを使用します。

    水引の数にも意味があり、一般的には5本、大きな贈り物や大事な贈り物には7本または9本と奇数を使います。
    既成の水引の場合、5本もしくは10本を使い分けることが多くなっています。

    熨斗の種類と選び方

    紅白蝶結び

    • 出産祝い 『御出産御祝』『御祝』 
    • 出産内祝い 『内祝』 【子どもの名前】
    • 名命 『御祝』『祝御七夜』『祝命名』
    • お宮参り 『御祝』『お宮参り御祝』
    • お食い初め 『御祝』『祝お食い初め』『祝御食初』
    • 初節句 『御祝』『初節句御祝』『祝初節句』
    • 初節句お返し 『内祝い』 【子どもの名前】
    • 初誕生 『御祝』『祝御誕生』『初誕生日御祝』
    • 七五三 『御祝』『七五三御祝』
    • 入園・入学祝い 『御祝』『御入園御祝』『御入学御祝』
    • 卒業・就職祝い 『御祝』『御卒業御祝』『御就職』
    • 成人式お祝い 『御祝』『御成人御祝』『祝御成人』
    • 長寿祝い 『御祝』『寿』
    • 結婚記念日 『御祝』『祝結婚記念日』『金婚式御祝』『銀婚式御祝』
    • 新築祝い 『御祝』『御新築御祝』
    • 栄転・昇進祝い 『御祝』『御昇進御祝』『御栄転御祝』『御就任御祝』
    • 退職祝い 『御祝』『祝御退職』『祝御退官』
    • 開店祝い 『御祝』『祝御開店』『祝御開業』
    • 開店内祝い 『内祝い』
    • 受賞・表彰 『御祝』『寿』『祝御入賞』『祝栄冠』『祝優勝』『祝御入選』『祝御受賞御祝』
    • 展覧会・発表会 『御祝』『楽屋御見舞』『祝発表会』
    • 僧侶へのお礼 『粗品』『上』『御布施』
    蝶結び のし

    紅白結び切り

    • 結婚祝い 『寿』『御結婚御祝』 【紅白・金銀 10本】
    • 結婚内祝い 『寿』『内祝』 【新郎新婦連名】
    •  お見舞い 『御見舞』 【のしあわびなし】
    結び切り 水引

    白黒結び切り

    • 通夜・葬儀 『御霊前』『御仏前』『御供』 【のしあわびなし】
    • 葬儀お返し 『志』『粗供養』 【白黒、銀】
    • 法要お供え 『御供』『御仏前』『御霊前』 【のしあわびなし】
    • 法要お返し 『志』『粗品』『粗供養』【のしあわびなし】
    御供 のし

    奉書のし
    (水引・のしなし)

    • 火事・火災見舞い 『御見舞』 【水引・のしあわびなし】
    • 水害見舞い 『御見舞』 【水引・のしあわびなし】
  • 出産
    出産祝い,  贈り物・プレゼント・ギフト図鑑

    出産祝いについて 喜ばれる出産祝いの贈り方・喜ばれる出産祝いとNGのもの

    赤ちゃんの誕生は、周りのみんなにとってとても喜ばしいことで、出産という大変な仕事を無事に終えたお母さんに対しても頑張ったね、良かったねという想いを込めて贈るのが出産祝いとなります。

    一つの命が生まれることへの大切さや喜びはかけがえのないものですので大切にお祝いしたいですね。

    出産祝いを贈る相手は?

    孫や子どもなど家族や、親戚関係、友人や同僚が出産した場合に贈ります。

    出産祝いの予算

    出産祝いを贈る相手との関係性や贈る側の年齢によっても予算は変わってきます。

    また、血縁関係のある方へ贈る場合は地域的なものやこれまでの親戚との付き合いの程度などにもよりますので、分からない場合は親戚同士で確認しあうのもよいでしょう。

    孫 30,000~50,000円
    娘や息子 30,000~100,000円
    兄弟姉妹 10,000万~30,000円
    親戚 10,000~20,000円
    友人 3,000~10,000円
    知人 3,000円~5,000円
    同僚 3,000円~5,000円 ※連名で贈る場合は一人1,000円程度
    部下 5,000円

    自分がすでに出産を経験し、出産祝いをいただいたことがある相手の場合は、同額を贈るようにしましょう。多すぎても少なすぎても気を遣わせたり、失礼にあたります。

    ごくまれに多胎出産の場合があります。その場合は人数分と行きたいところですが、そうもいっていられないケースもあります。双子なら1.5倍~2倍、三つ子なら2倍程度を贈るとよいでしょう。

    喜ばれる出産祝いの贈り方

    出産祝いを贈るタイミングは、出産後退院して1週間~1か月後くらいまでが良いと言われます。退院までの日数には状況により個人差がありますが、通常は経腟分娩の場合5~7日です。帝王切開になった場合は、8~12日と長めの入院になります。

    退院直後は、産後の疲れから消耗が激しい場合もありますので、退院したからといって慌ててお祝いを贈る必要はありません。初産の場合は子育てに不慣れな点も多く疲れも出やすくなっている可能性があります。お祝いを持参して手渡すする場合は、時期には特に気をつけましょう。郵送の場合は退院が分かってすぐに贈っても問題ありません。

    また、手渡しで相手のお家を訪問する場合は長居を避け、お祝いの言葉を伝え元気な母子の姿を見てできるだけ手短に済ませましょう。

    喜ばれる出産祝い【10選】

    おむつケーキ

    実用的で見た目もかわいいおむつケーキは出産祝いには嬉しい贈り物です。

    華やかさもあってほっこりしますね。

    おむつケーキ
    ソフトトイ

    少し成長した時に使えるソフトトイは出産祝いにはぴったりの贈り物です。ソフトトイなら比較的月齢が浅いうちに手に持たせて遊ばせることもできます。音が出るものなら少し長く使えるでしょう。赤ちゃんが持って振り回し顔などに当たっても痛くないので、安心して遊ばせることができます。

    ソフトトイ
    木の玩具

    飾っておくだけでもかわいらしい素朴な木のおもちゃは出産祝いにはぴったりです。赤ちゃんが少し成長したら、確実に使えるので実用的で喜ばれるでしょう。

    木の玩具
    ベビー食器

    生まれたての赤ちゃんには必要ありませんが、赤ちゃんもあっという間に離乳期に入ります。その時に備えてかわいいベビー食器は贈り物にぴったりです。

    食器
    授乳ケープ・ポンチョ

    外出先での授乳は意外と大変。授乳用のケープやポンチョがあればママも安心です。育児グッズとして重宝するアイテムなので、母乳育児をされる方には喜ばれるでしょう。

    ポンチョ
    乳歯ケース

    いつの日か乳歯が抜け、永久歯へと生え変わる日が来ますが、そんな日のために乳歯ケースは気の利いた贈り物です。

    乳歯ケース
    ベビー用おやつ入れやベビーマグなどのセット

    あっという間に成長する赤ちゃん。月齢が進むにつれておやつも食べるようになりますが、お出かけの際に持ち歩けるベビーマグやこぼれないおやつ入れなどはお出かけの必須アイテムです。

    お祝いとして贈っておくと欲しいタイミングですぐに使えて喜ばれるでしょう。

     

    シッピーカップ
    抱っこ紐

    色々な種類のある抱っこ紐。

    新生児から使えるものや、首が座ってから使えるものなど種類も豊富です。

    贈る側が子育て経験者なら、使いやすい抱っこ紐を知っているため、おすすめのものを贈ると喜ばれるでしょう。

     

    抱っこ紐
    絵本

    絵本はいくつあっても嬉しい子育てアイテムです。子供とのコミュニケーションをとるのにもとても役立つアイテム。出産祝いとして贈っておくといつか読み聞かせに使ったり、自分で開いてみるようになったり、長く使えるアイテムです。

    絵本
    音の出るおもちゃ

    赤ちゃんは音の出るものに興味津々。

    そしてお出かけの時にも重宝するのが音の出るおもちゃ。ベビーカーにも取り付けられるものなどは特に重宝されるでしょう。

    音の出るおもちゃ

    第2子以降の喜ばれる出産祝い【3選】

    兄弟姉妹おそろいのもの

    赤ちゃんだけでなく、兄弟姉妹のことも考慮して贈られるのはうれしいものですね。

    ママへの時短アイテムや美容グッズなど

    育児グッズなどはもうたくさん持っていて必要なさそうな場合は、ママへの時短アイテムを贈ると喜ばれるでしょう。

    例えば着るタオルなど持っていない場合は、お風呂上りにさっと羽織れて便利です。ちょっと上質なボディークリームなども産後の体をケアするのに喜ばれるでしょう。

    育児に追われるママのために、手間のかかる物は避けましょう。

    カタログギフト

    2人目以降はたくさんアイテムもそろっているし、何を贈ったらいいか分からないという場合は、相手に自由に選んでもらえるカタログギフトが良いでしょう。

    お揃い
    美容グッズ

    出産祝いでNGのもの

    4 数字
    縁起の悪い数字に関するもの

    【4】【9】が関係するものは決して贈らないようにしましょう。また、メッセージにもそれらを連想させる数字に気を付けるようにします。

    現金で贈る場合もその数字は避けるようにしましょう。

    ハンカチ
    縁起の悪い事柄を連想させるもの

    刃物
    切ることを連想するためNGです。

    ハンカチ
    別れを連想するためこちらも避けましょう。

    チョコレート
    ヘルシーでない食べ物

    産後はママには授乳の仕事が待っています。油分や糖分が多い食品は母乳の質を落としてしまうため、避けましょう。

    また、カフェインやアルコールが入っているものもNGです。

    添加物に関しても、母乳から赤ちゃんが摂取することになるため避けるようにしましょう。

    まとめ

    出産祝いを贈る際は、初めての赤ちゃんか、兄弟姉妹がすでにいるのかによっても、喜ばれるものが大きく変わってきます。

    例えば、すでに兄弟姉妹がいておもちゃはたくさんあるのにおもちゃを贈っても喜ばれませんし、同性兄弟姉妹がいる場合は洋服もたくさんおさがりがあるかもしれません。抱っこ紐やブランケットなどの育児グッズはすでに持っていて必要ないかもしれません。状況を確認しながら贈るのが良いでしょう。

    個人的な経験から言わせていただくと、スタイやミトン・靴下はいただく機会も多いですがよだれの少ない子であれば全く使わずに終わってしまいますし、ミトンや靴下も使わないことの方が多いです。また、ブランド物の服も好みに合わなければ使われずに眠ってしまう可能性もあります。洋服を贈る場合はママの趣味が分かる場合にしましょう。

    ベビー食器や離乳食セットも使い勝手が悪かったりすると使われずに終わってしまうこともあります。食器を贈る場合は、お食い初めで使える上質なものや、使いやすい物を贈ると喜ばれるでしょう。

    ベビーシューズは一時的なもので、かわいらしさに目がくらんで贈りたくなってしまいますが、実用性はほとんどありませんので、避ける方がいいでしょう。

    短期間しか使わない育児グッズはたくさんは必要ないものです。不安な場合は贈りたいものをすでに手元にあるかどうかを確認するとよいですね。持っているものを贈って使ってもらえないのは、贈る物たちもかわいそうです。

    新生児期の準備は出産前に張り切って済ませているケースも多くあります。新生児期に使うグッズは、お祝いではあまり必要ないと思っておいていいかもしれません。

    ただし、おむつはサイズさえ合えばいくつあっても困りません。

    贈るのであれば、長く使えそうかどうか、置き場所に困らないか、実用的かどうかなども考慮すると選びやすいでしょう。