• お中元,  お歳暮,  お見舞い・退院,  出産内祝い,  出産祝い,  卒業・就職,  合格・入学,  引越し内祝い・新築内祝い,  引越し祝い・新築祝い,  快気祝い,  成人祝い,  結婚内祝い,  結婚祝い,  贈り物・プレゼント・ギフト図鑑

    贈り物・プレゼント・ギフト【のし選び】正しいのしの選び方

    誕生日などのカジュアルな贈り物以外で、冠婚葬祭を含む贈り物をする際に熨斗が必要な場合や水引を使い分ける必要があります。

    必ず贈り物の機会はあると思いますので、迷った時のためにご紹介していきます。

    最近はカジュアルな感覚での贈り物も増えてきましたので、必ずしもきっちりとする必要のない場合もありますが、知っておいたうえで省略するのと知らずにやらないのでは違いが出てきますので、失礼のないようにマナーとして知っておくとよいでしょう。

    熨斗とは?

    熨斗

    熨斗はのし紙の右上についている飾りのことです。日本の贈り物の特徴の一部と言えます。

    もともとは生ものの象徴として付けられ、贈り物が神仏への供え物というところからきていると思われます。

    基本的に、生もの以外を贈る際には熨斗を張るのがマナーとされ、生ものを贈る場合には不要とされています。

    また、生ものを備えることなタブーの仏前のお供えには熨斗は必要ありません。ただ、最近はこのような習慣もあやふやになりつつあり、贈る方贈られる方互いに気にしないということも増えてきました。ただ、マナーとしてはNGとなることもありますので、年配の方への贈り物等は気を付けた方がよいでしょう。

    のし紙とは?

    水引と熨斗が印刷された紙をのし紙といい、実際には熨斗や水引をつけますが、紙に印刷しておくことで簡単に放送することができ、特別な贈り物としての改まった気持ちを表すことになります。

    大切な贈り物の場合はのし紙では、失礼にあたることもありますので注意が必要です。

    贈り物を購入した店舗でのし紙をかけていただくことになると思いますが、大事な用途の場合はお店の人に確認をするようにしましょう。

    のし紙と一言で言っても、慶事用・弔事用で印刷された水引の色や種類が異なります。

    贈る場面によって正しくのし紙を使い分けましょう。

    のし紙

    水引とは?

    水引

    水引とは贈り物を結ぶ紐にあたり、結び方に意味があります。

    繰り返したいおめでたい事には蝶結び、一度きりであってほしいことには結び切りにします。
    一般慶事には紅白、お祝い事には金銀、弔事には黒白もしくは銀のものを使用します。法事など先祖祀りでは黄白を使う場合もあります。

    これは地方により異なりますが分からない場合は贈る側に合わせても問題ないでしょう。

    神式では白のみを使用します。

    水引の数にも意味があり、一般的には5本、大きな贈り物や大事な贈り物には7本または9本と奇数を使います。
    既成の水引の場合、5本もしくは10本を使い分けることが多くなっています。

    熨斗の種類と選び方

    紅白蝶結び

    • 出産祝い 『御出産御祝』『御祝』 
    • 出産内祝い 『内祝』 【子どもの名前】
    • 名命 『御祝』『祝御七夜』『祝命名』
    • お宮参り 『御祝』『お宮参り御祝』
    • お食い初め 『御祝』『祝お食い初め』『祝御食初』
    • 初節句 『御祝』『初節句御祝』『祝初節句』
    • 初節句お返し 『内祝い』 【子どもの名前】
    • 初誕生 『御祝』『祝御誕生』『初誕生日御祝』
    • 七五三 『御祝』『七五三御祝』
    • 入園・入学祝い 『御祝』『御入園御祝』『御入学御祝』
    • 卒業・就職祝い 『御祝』『御卒業御祝』『御就職』
    • 成人式お祝い 『御祝』『御成人御祝』『祝御成人』
    • 長寿祝い 『御祝』『寿』
    • 結婚記念日 『御祝』『祝結婚記念日』『金婚式御祝』『銀婚式御祝』
    • 新築祝い 『御祝』『御新築御祝』
    • 栄転・昇進祝い 『御祝』『御昇進御祝』『御栄転御祝』『御就任御祝』
    • 退職祝い 『御祝』『祝御退職』『祝御退官』
    • 開店祝い 『御祝』『祝御開店』『祝御開業』
    • 開店内祝い 『内祝い』
    • 受賞・表彰 『御祝』『寿』『祝御入賞』『祝栄冠』『祝優勝』『祝御入選』『祝御受賞御祝』
    • 展覧会・発表会 『御祝』『楽屋御見舞』『祝発表会』
    • 僧侶へのお礼 『粗品』『上』『御布施』
    蝶結び のし

    紅白結び切り

    • 結婚祝い 『寿』『御結婚御祝』 【紅白・金銀 10本】
    • 結婚内祝い 『寿』『内祝』 【新郎新婦連名】
    •  お見舞い 『御見舞』 【のしあわびなし】
    結び切り 水引

    白黒結び切り

    • 通夜・葬儀 『御霊前』『御仏前』『御供』 【のしあわびなし】
    • 葬儀お返し 『志』『粗供養』 【白黒、銀】
    • 法要お供え 『御供』『御仏前』『御霊前』 【のしあわびなし】
    • 法要お返し 『志』『粗品』『粗供養』【のしあわびなし】
    御供 のし

    奉書のし
    (水引・のしなし)

    • 火事・火災見舞い 『御見舞』 【水引・のしあわびなし】
    • 水害見舞い 『御見舞』 【水引・のしあわびなし】
  • 結婚内祝い
    結婚内祝い,  贈り物・プレゼント・ギフト図鑑

    結婚内祝いについて 喜ばれる贈り方・予算・喜ばれるもの【5選】・NGのもの

    結婚は嬉しいお祝い事で、結婚をしたことを周囲へ伝え、喜びを共有するために贈られるのが本来の内祝いです。ただ、最近ではそういった風習も少なくなり、結婚内祝いは披露宴への出席はないれど、結婚祝いをいただいた相手に結婚祝いのお返し(結婚内祝い)として贈る物へと変化してきています。

    喜ばれる結婚内祝いを贈るタイミング

    結婚祝いを贈るのには、贈る時期も大切です。

    結婚内祝いの場合は、挙式後少し落ち着いてから、遅くとも挙式後1か月以内に贈るようにしましょう。

    結婚内祝いを贈る相手

    結婚内祝いは、本来であればご近所も含めて結婚の喜びを共有したい相手へ贈る物ですが、現在ではご近所づきあい等もお互い距離を置くようになっていたりするため地方的な風習なども影響してくるでしょう。

    最近は、披露宴は出席しないけれど、お祝いをいただいた相手へのお返しとして内祝いを贈ることがほとんどです。

    ですので、披露宴に招待していないけれどお祝いをいただいたり、招待したけれど欠席される方でお祝いをいただいたら内祝いとして贈ります。

    結婚内祝いの予算

    結婚内祝いは、いただいたお祝いのお返しのような意味を持つことから、いただいたお祝いの金額を参考にして用意します。

    頂いたお祝いの金額の1/3~半額程度と覚えておきましょう。高価なものや同額のものを贈ってしまうと、お祝いの金額が少なすぎたかなと思わせてしまったり、気を遣わせてしまうことになります。

    お祝いの気持ちに感謝する意味でも、高額なものを贈らないように気を付けましょう。

    喜ばれる結婚内祝い【5選】

    カタログギフト BEAMS CATALOG GIFT

    カタログギフト

    贈った相手が好きなものを選べるカタログギフトは内祝いではおすすめの贈り物です。予算によって金額が指定できて、あまり深く考えすぎることもないため贈る側も便利です。

    洋菓子詰め合わせ

    洋菓子の詰め合わせは見た目もかわいらしく、結婚の内祝いにはぴったりの贈り物です。

    甘いものが好きな方へなら間違いがありません。

    ドレッシング・ジャム・ドリンク7種詰合せ メイン画像

    ドレッシング

    ドレッシングの詰め合わせも見た目がかわいらしくこだわったものもたくさんあるため、結婚内祝いとして贈ると喜ばれるでしょう。

    甘いものが苦手な方なら、ドレッシングは喜ばれるでしょう。

    コーヒーや紅茶

    コーヒーや紅茶といった飲み物も結婚内祝いにはぴったりの贈り物です。

    キッチン用品

    キッチン用品は毎日使うものが多いため、もしかしたら贈る相手がすでに持っている可能性もあります。相手が持っていなくて、使ってもらえそうなホットサンドメーカーやブレンダー、ホームベーカリーなどは相手に喜んでもらえるなら贈ると喜ばれるでしょう。
    ただ、大きさなどによっては置き場所の問題等で歓迎されない場合もあります。

    また、予算さえ合えばティファールなどの鍋は使い勝手もよく、消耗品なのでもらうと嬉しいでしょう。

     

    結婚内祝いでNGのもの

    金券
    刃物
    縁起の悪いもの

    ・「切る」を連想させるもの 【ハサミや包丁


    ・「割れる」「壊れる」もの 【鏡や陶器】


    ・偶数の「割り切れる」セットもの ※2のペアや12のダース・末広がりの8は縁起が良い

    ・弔事に使われるもの 【お茶・ハンカチ】


    ・「苦」や「死」を連想させるもの 【櫛】【4】【9】

    ・「踏みつける」ことをイメージするもの 【靴下や靴などの履物】

    最近では考え方の多様化により、NGのものも変わりつつありますが、しきたりを重んじる人や縁起を担ぐ人への内祝いとしてはこれらは避けた方が無難です。特に年配の方へ贈る際は気をつけましょう。

    現金・金券

    現金や金券はあからさまに金額が分かってしまうため、内祝いには向きません。

    高価すぎるもの、安すぎるもの

    高価なものや安すぎるものを贈ってしまうと、お祝いが気に入らなかったのかなどと逆に相手を不快にさせてしまう可能性があります。一般的な相場近辺でまとめるようにしましょう。

    まとめ

    結婚内祝いの色々を見ていきましたが、いかがだったでしょうか?気持ちで贈りたいおめでたいお祝いですが、マナーなどが存在するため、気持ちだけでは失礼にあたることがあるのも事実です。

    マナーを守りつつ気持ちよく結婚のご報告やお祝いのお返しができるといいですね。