• お中元,  お歳暮,  お見舞い・退院,  出産内祝い,  出産祝い,  卒業・就職,  合格・入学,  引越し内祝い・新築内祝い,  引越し祝い・新築祝い,  快気祝い,  成人祝い,  結婚内祝い,  結婚祝い,  贈り物・プレゼント・ギフト図鑑

    贈り物・プレゼント・ギフト【のし選び】正しいのしの選び方

    誕生日などのカジュアルな贈り物以外で、冠婚葬祭を含む贈り物をする際に熨斗が必要な場合や水引を使い分ける必要があります。

    必ず贈り物の機会はあると思いますので、迷った時のためにご紹介していきます。

    最近はカジュアルな感覚での贈り物も増えてきましたので、必ずしもきっちりとする必要のない場合もありますが、知っておいたうえで省略するのと知らずにやらないのでは違いが出てきますので、失礼のないようにマナーとして知っておくとよいでしょう。

    熨斗とは?

    熨斗

    熨斗はのし紙の右上についている飾りのことです。日本の贈り物の特徴の一部と言えます。

    もともとは生ものの象徴として付けられ、贈り物が神仏への供え物というところからきていると思われます。

    基本的に、生もの以外を贈る際には熨斗を張るのがマナーとされ、生ものを贈る場合には不要とされています。

    また、生ものを備えることなタブーの仏前のお供えには熨斗は必要ありません。ただ、最近はこのような習慣もあやふやになりつつあり、贈る方贈られる方互いに気にしないということも増えてきました。ただ、マナーとしてはNGとなることもありますので、年配の方への贈り物等は気を付けた方がよいでしょう。

    のし紙とは?

    水引と熨斗が印刷された紙をのし紙といい、実際には熨斗や水引をつけますが、紙に印刷しておくことで簡単に放送することができ、特別な贈り物としての改まった気持ちを表すことになります。

    大切な贈り物の場合はのし紙では、失礼にあたることもありますので注意が必要です。

    贈り物を購入した店舗でのし紙をかけていただくことになると思いますが、大事な用途の場合はお店の人に確認をするようにしましょう。

    のし紙と一言で言っても、慶事用・弔事用で印刷された水引の色や種類が異なります。

    贈る場面によって正しくのし紙を使い分けましょう。

    のし紙

    水引とは?

    水引

    水引とは贈り物を結ぶ紐にあたり、結び方に意味があります。

    繰り返したいおめでたい事には蝶結び、一度きりであってほしいことには結び切りにします。
    一般慶事には紅白、お祝い事には金銀、弔事には黒白もしくは銀のものを使用します。法事など先祖祀りでは黄白を使う場合もあります。

    これは地方により異なりますが分からない場合は贈る側に合わせても問題ないでしょう。

    神式では白のみを使用します。

    水引の数にも意味があり、一般的には5本、大きな贈り物や大事な贈り物には7本または9本と奇数を使います。
    既成の水引の場合、5本もしくは10本を使い分けることが多くなっています。

    熨斗の種類と選び方

    紅白蝶結び

    • 出産祝い 『御出産御祝』『御祝』 
    • 出産内祝い 『内祝』 【子どもの名前】
    • 名命 『御祝』『祝御七夜』『祝命名』
    • お宮参り 『御祝』『お宮参り御祝』
    • お食い初め 『御祝』『祝お食い初め』『祝御食初』
    • 初節句 『御祝』『初節句御祝』『祝初節句』
    • 初節句お返し 『内祝い』 【子どもの名前】
    • 初誕生 『御祝』『祝御誕生』『初誕生日御祝』
    • 七五三 『御祝』『七五三御祝』
    • 入園・入学祝い 『御祝』『御入園御祝』『御入学御祝』
    • 卒業・就職祝い 『御祝』『御卒業御祝』『御就職』
    • 成人式お祝い 『御祝』『御成人御祝』『祝御成人』
    • 長寿祝い 『御祝』『寿』
    • 結婚記念日 『御祝』『祝結婚記念日』『金婚式御祝』『銀婚式御祝』
    • 新築祝い 『御祝』『御新築御祝』
    • 栄転・昇進祝い 『御祝』『御昇進御祝』『御栄転御祝』『御就任御祝』
    • 退職祝い 『御祝』『祝御退職』『祝御退官』
    • 開店祝い 『御祝』『祝御開店』『祝御開業』
    • 開店内祝い 『内祝い』
    • 受賞・表彰 『御祝』『寿』『祝御入賞』『祝栄冠』『祝優勝』『祝御入選』『祝御受賞御祝』
    • 展覧会・発表会 『御祝』『楽屋御見舞』『祝発表会』
    • 僧侶へのお礼 『粗品』『上』『御布施』
    蝶結び のし

    紅白結び切り

    • 結婚祝い 『寿』『御結婚御祝』 【紅白・金銀 10本】
    • 結婚内祝い 『寿』『内祝』 【新郎新婦連名】
    •  お見舞い 『御見舞』 【のしあわびなし】
    結び切り 水引

    白黒結び切り

    • 通夜・葬儀 『御霊前』『御仏前』『御供』 【のしあわびなし】
    • 葬儀お返し 『志』『粗供養』 【白黒、銀】
    • 法要お供え 『御供』『御仏前』『御霊前』 【のしあわびなし】
    • 法要お返し 『志』『粗品』『粗供養』【のしあわびなし】
    御供 のし

    奉書のし
    (水引・のしなし)

    • 火事・火災見舞い 『御見舞』 【水引・のしあわびなし】
    • 水害見舞い 『御見舞』 【水引・のしあわびなし】
  • お中元
    お中元,  贈り物・プレゼント・ギフト図鑑

    お中元の喜ばれる贈り方

    お中元はお世話になった人に感謝の気持ちを贈る日本特有の風習です。一般的に7月上旬から8月15日くらいまでに贈るものとされていますが、詳しい時期については地域によって差があります。そのため遠方に贈る場合は念のため注意が必要です。

    喜ばれる贈り方とはどんなものでしょうか?『正しく贈ること』が基本となりますが、正しくとは何のことなのか?と頭を悩ませてしまいますよね。

    具体的には物理的に許すなら、直接会って言葉を交わしながらお渡しすると大変喜ばれるはずです。しばらくご無沙汰しているならばなおさらでしょう。

    次に、相手の嗜好を把握して贈ることです。苦手なものや嫌いなものまたアレルギー等がある場合もあります。関係によっては調べるのが難しい場合もありますが、できたら下調べをしてから贈るのが良いでしょう。どうしても分からない場合は当たり障りのないものを贈りましょう。

    【お中元を贈る時期】

    北海道 7月中旬~8月15日  
    東北・関東 7月上旬~7月15日  
    北陸 7月上旬~7月15日もしくは7月15日~8月15日 ※北陸内でも地域によって異なります。
    東海・近畿・中国・四国 7月中旬~8月15日  
    九州 8月上旬~8月15日  
    沖縄 旧暦7月15日まで ※旧暦は毎年誤差がありますので調べてから贈ります。

     

    現在は地域を超えて7月初め~8月15日の期間内に贈ることも多くなっています。流通の混雑などを考慮し年々早まる傾向にもあるため、関東では6月の終わりごろから贈る方もいるようです。同じ地域にお住いの相手ならそこまで気にすることもないかと思いますが、関東から九州へ送る場合は度は1か月ほど誤差があります。

    送り先相手によってはマナー違反ととられることもあるため気を付けた方がいいでしょう。

     

    ■贈るタイミングを逃してしまった場合

    北海道 8月15日~8/25日ごろまで 『残暑御見舞』
    目上の方へは『残暑御伺』
    東北・関東 8月8日立秋ごろまで 『暑中御見舞』
    目上の方へは『暑中御伺』
    北陸 早い地域の場合8月8日立秋ごろまで 『暑中御見舞』
    目上の方へは『暑中御伺』
    東海・近畿・中国・四国 8月15日~8/25日ごろまで 『残暑御見舞』
    目上の方へは『残暑御伺』
    九州 8月15日~8/25日ごろまで 『残暑御見舞』
    目上の方へは『残暑御伺』
    沖縄 8月15日~8/25日ごろまで 『残暑御見舞』
    目上の方へは『残暑御伺』

     

    立秋とは毎年決まった日に固定されているわけではなく毎年1日程度前後することがあります。大体ですが8月7日ごろ~8月22日ごろと覚えておくとよいでしょう。

    関東のように早い地方では『暑中御見舞』として8月8日~8月15までに贈ります。贈り先が目上の場合『暑中御伺』とします。その他の場合は『残暑御見舞』とし、立秋以降8/25ごろまでに贈りましょう。贈り先が目上の場合『残暑御伺』とします。

    この期間に正しく贈れば問題ないでしょう。

    お中元

    【贈る相手】                

    両親・親戚・会社の上司・恩師の先生・仲人・感謝を示したい方・などお世話になっている方

    両親や兄弟・義実家へ送る場合はそれぞれの考え方もあると思います。家族間でも贈るのは当然と考える方もいるでしょうし、他人行儀と感じて断られる場合もあるでしょう。今まで育ててもらった恩もあって贈りたい方もいるでしょうし遠方に住んでいてなかなか会えないので年に数回の贈り物で気持ちを表したい場合もあるでしょう。特に難しいのは言いたいことを言い合えない義実家かもしれません。何が正解か分からないケースが多いと思いますので、とりあえずマナー違反と思われるくらいなら送っておくのが正解かもしれません。

    最近では会社の上司へ贈ることは減ってきているかと思います。社内でそうした贈答品を禁止しているところも出てきています。時代の変化ですね。

    確かにお中元の文化は昔に比べてだんだんと贈る相手も縮小されている気がします。

    【予算】

    3,000円~5,000円程度を目安にするとよいでしょう。

    特別な場合は10,000程度もしくはそれ以上のものを贈ることもあります。

     

    【気を付けること】

    『あまいものが食べられないのに、スイーツを贈ってしまった!』『お酒が飲めないのに、お酒を贈ってしまった!』『アレルギーがあるのにアレルゲンの品物を贈ってしまった!』なんていうことにならないように事前にある程度の好みや家族構成を聞いておくことが大切です。

    基本的にはお中元を贈る相手には一度贈ると毎年贈ることになります。同時にお中元を贈った場合はお歳暮も贈るのがマナーとなります。どうしても一方にしたい場合は、一年の締めくくりであるお歳暮で気持ちを表すのが良いでしょう。1回限りなどという関係であれば、『お礼』『感謝』などとして贈るとよいでしょう。

    もしも、お中元をいただいた場合は1週間以内に令状を出すのがマナーです。返礼品を考えている場合は、自分と相手の関係によって同額でのお返しか半返しを目安とします。目上の方へ頂いたものより高額な品物を選ぶのは失礼にあたります。

    【お中元で喜ばれる品物】

    1. 鰻 
    2. 国産牛
    3. ビールやワイン
    4. 魚・肉加工品
    5. そうめん
    6. ゼリー
    7. コーヒー
    8. 果物
    9. 食用油・調味料
    10. 洗剤

     

    【NGのもの】

    • 刃物 
    • 現金・商品券 
    • 筆記用具 
    • 靴下や靴 
    • 下着 
    • ハンカチ 
    • アクセサリー 
    • 花・植物 

     

  • お中元
    お中元,  贈り物・プレゼント・ギフト図鑑

    喜ばれるお中元の品【5選】と【NG商品】

    喜ばれるお中元の品物とは何でしょうか?またタブーは?

    毎年訪れるお中元シーズン。相手先が満足する定番商品が決まっていれば困ることはありませんが、とくに相手のことを深く知らない場合何を贈ったらいいのか、相手の好みがわからない場合などは苦戦しがちです。

    どうせ贈るのであれば正しい時期に相手に喜ばれるものを贈りたいと思うのが普通ですよね。年に一度のことなので毎回悩む必要はありません。相手が喜んでくれる品であれば毎年同じでもいいのです。分からない場合は一度贈ってみて相手の反応を見ながら、手探りで次の年の品定めをしていくことになるかもしれませんね。そうなると少し疲れてしまう作業になってしまうのが本音でしょうか。
    失礼のないようにNGのものを避けつつ、好きなものを贈ることができればいいですね。

    では、実際に喜ばれるお中元をご紹介します。

    実家・義実家・親戚に喜ばれるお中元【5選】

    1位 鰻

    うなぎ

    夏の暑いシーズンに普段は高価でなかなか口にする機会の少ない鰻をいただくのは嬉しいものですね。夏の暑さに負けないように贈り物にはぴったりの品物です。ただし、魚や鰻が苦手な方もいるのでその辺はご注意を。

    2位 国産牛

    牛肉

    国産牛は頻繁には口にしないため、こちらもいただいてうれしい贈り物の一つです。遠方の方へは贈り側の近くに有名なブランド牛があればそれを贈ると喜ばれますね。少し値段は張りますが、喜ばれること間違いなしです。

    牛肉を贈る場合に気を付けるのは生ものということです。前もって在宅かどうかを確認して配達をしてもらうようにしましょう。万が一旅行などに出かけられていて暫く受け取りができないなんていうことのないようにしたいですね。

    3位 ビールやワイン

    ビール

    ビールやワインといったお酒類はお酒が飲めない人以外には無難で嬉しいお中元の品の一つです。暑い時期にいただくビールは季節ともマッチして嬉しいものです。普段は家計の負担を少しでも少なくするため発泡酒や第3のビールを飲んでいる方には大変喜ばれます。

    また地ビールや地ワインなども贈りやすくもらった方も嬉しいですね。

    4位 そうめん

    そうめん

    お中元の定番ですが、そうめんは暑い夏毎日大変な食事作りの手助けになるため贈られて嬉しい品の一つです。

    暑い夏にさっとゆでて冷やしていただくそうめんは格別です。

    日持ちをするのも贈りやすい理由です。

    5位 コーヒーやジュース

    ゼリー

    暑い夏にしっかりと冷えた飲み物を口にしたくなりますよね。味や甘さなどは好みがありますが、実家や義実家なら好みも把握しやすいですね。

    中には暑い夏でも暑い飲み物を好む方もいらっしゃいますがよほどこだわりもなく小さなお子様がいる場合などには贈りやすいですね。

    会社の上司に喜ばれるお中元【5選】

    昔に比べて会社の上司に贈る機会はかなり減っていると思います。

    それでもまだ贈る機会がある場合は、上司という関係上何を贈るべきかかなり悩みますよね。家族構成や好みなどを把握できている場合は比較的選びやすいですね。ただ、そのあたりがはっきりとしない場合は無難な定番商品を選ぶようにしましょう。

    1位 そうめん

    そうめん

    家族構成関係なく贈ることができて、日持ちもするので間違いない定番の品物です。暑い夏の日にはありがたい贈り物の代表です。

    一人暮らしの方からご家族の多いお家まで幅広く喜ばれます。

    2位 ゼリー・果物

    ゼリー

    甘いものが苦手と分かっている場合は避ける必要がありますが、こちらもお中元としては定番ですね。果物は夏のフルーツを贈ると喜ばれます。普段は口にしないメロンやマンゴーはその定番ではないでしょうか。

    ただし、フルーツは生ものですので贈る際にはお届けや受取りの確認をしておきましょう。夏場はフルーツも傷みやすいので、贈る相手が一人暮らしの場合は気を付ける必要があるでしょう。

    3位 洗剤

    洗剤

    毎日必ず使う洗剤類もお中元の定番です。

    洗濯洗剤からお掃除洗剤、台所用洗剤どれを贈っても喜ばれるでしょう。

    ただし、最近は香りの強いものも多くあり香り自体も好みが分かれます。香りの好みまで把握できないと思いますし強い香りが苦手な方もいますので、できるだけ無香料のものやオーガニックのものを選ぶとよいでしょう。

     

    4位 食用油・調味料

    オリーブオイル

    食用油は毎日使うもので、家で料理をする方であれば必要なものです。料理好きの方ならちょっとこだわった調味料などを視野に入れて選ぶのもおすすめです。

    一人暮らしでお料理をほとんどしない場合もありますので、その場合は避けるようにしましょう。

    5位 魚・肉加工品

    ハム

    普段は買わない魚や肉の加工食品は贈り物で喜ばれるお中元の一つです。開封しなければ日持ちもするのでお勧めです。

    ハムやウィンナー、魚の練り物などお酒のおつまみにもなるためお酒好きの一人暮らしの方にも喜ばれるでしょう。

    【NG商品とその理由】

    刃物
    靴下
    • 刃物 縁を切ることを連想させるため
    • 現金・商品券 金銭に困っているという意味合いを含むためと金額があからさまに分かってしまうのがその理由
    • 筆記用具・時計 仕事に直結する商品は一生働きなさいという連想をさせるため
    • 靴下や靴 踏みつけるという意味が含まれるため
    • 下着 貧困者への施し物を連想するため
    • ハンカチ 涙をふくことから別れの意味を持つため 
    • 花・植物 花言葉があるため、また季節的に切り花などは日持ちがしないため

    何となく贈りたいから、おしゃれだからという理由で品物を選んで贈るのはマナー違反になることもあり注意が必要です。お中元はお世話になった人への感謝の気持ちです。マナー違反は避けてスマートなお付き合いを目指しましょう。