• クラシックバレエ
    クラシックバレエ,  子どもの習い事

    子どもの習い事【バレエ】

    女の子に人気のクラシックバレエですが、コスチュームやエレガントさに憧れてやってみたいと思う女の子は多いのではないでしょうか?

    やらせてみたいけれど、何となく費用がほかの習い事よりもかかるイメージではないでしょうか?

    実際クラシックバレエを習い事として始めるにはどのようなことを知っておくとよいのか見ていきましょう。

    バレエの月謝とその他費用

    月謝

    2,000円~15,000円(週1回)

    10,000円~20,000円(週2回)

    チケット制を取り入れている場合もありその場合は1回1,500円~3,000円の場合が多く、1セットが10枚つづりなどになっています。子どもが体調を崩したりしても臨機応変に対応できるメリットはありますが、チケットの利用期限があるので注意が必要です。

    カルチャースクールのような教室だと、1回ワンコインで月にしても2,000円程度のところから、きちんとしたバレエ団が主催する本格的なスクールまで様々で、母体によって月謝は大きく変わってきます。

    その他費用

    • 入会金 0円~20,000円
    • 年会費 0円~10,000円
    • レオタード 4,000円~
    • タイツ 2,000円程度
    • バレエシューズ・トゥシューズ 2,000円~
    • 発表会参加費 30,000円~200,000円
    • 衣装代 20,000円~30,000円程度
    • DVD・写真購入 10,000円程度
    • 先生へのお礼・お花代 5,000円~100,000円
    • 合宿イベント 10,000円~
    • 後援会費 500円程度
    • 保護者会費 500円程度
    • 設備管理費 5,000円~10,000円
    • 新年会や忘年会 5,000円程度
    • コンクール出場費 20,000円~40,000円
    • コンクール出場のためにかかる出場費以外の費用 80,000円~150,000円 

    月謝はほかの習い事と比べてもほとんど変わりのないバレエですが、月謝以外の部分の出費が大きくなるようです。

    普段の練習着のレオタードなどの衣装はほかの習い事同様、必要なのは想定内かと思います。子供の成長とともに新調する必要があるので、頭に入れておきましょう。

    一番大きい出費となるのが、やはり発表会でしょう。参加費や衣装代を合わせるとかなりの出費となります。また年れが上がるごとに発表会費も上がっていくため、中学生にもなると200,000円ほどかかる場合もあるようです。教室によっては年に2回ほど発表会を行う教室もあるようで、さすがに家計に余裕があるお家でないと習うのは難しくなってくるでしょう。気になる教室がどういう雰囲気なのかは、入ってからびっくりしないためにも入会前に調べておいた方がいいでしょう。

    ただ、発表会を行わずリーズナブルに行ってくれている教室もあります。健康のためにとか、子どもがどうしても習いたがっているという場合はそうしたところを探してみるのも手ですね。

    また、有名な先生であればあるほど謝礼金などが高額になります。年会費として設備管理費を集めている場合もありますので、詳細については教室ごとに確認しましょう。

    コンクールは自分自身のレベルアップのために出場する場合がほとんどで、もちろん参加しないことも多いです。ただ、続けていくうえでのモチベーションにつながったり、プロの世界を目指すのであれば必須となってきます。ただ、コンクールともなると本当に金銭的に余裕がなければ難しいでしょう

    バレエのメリット

    クラシックバレエ
    • 体幹が鍛えられ姿勢が良くなる
    • 柔軟性
    • バランス感覚が育つ
    • 友達が増える
    • 体力が強化される
    • 精神的に強くなる
    • 人前に立つ度胸がつく

    バレエを習っていたという人を見ると姿勢が良く体幹を使って立っているのが分かると思います。きれいに肩も落ちていて首も長く見えます。バレエで培われるきれいに見せる立ち方や姿勢は大人になっても役に立つでしょう。

    また、舞台を経験することで人前に立つことに慣れ、度胸が付きます。

    どんな時も堂々とした立ち姿は、かっこいいものですよね。

    バレエのデメリット

    • 骨格が変わるわけではない
    • 足が太くなる

    バレエを習うと細くなると思っている方も多いかと思いますが、バランス的に言えば、足は筋肉で太くなる傾向にあります。ただ、筋肉は全身にしなやかできれいな筋肉がつきます。

    また、もともとの骨格が太かったりがっしりしている場合は、バレエによって改善することはありませんので、骨格の変化までは期待しない方がよいでしょう。

    バレエに向いている子

    • 柔軟性が高い
    • 努力ができる
    • 踊ることが好き
    • 見た目に反して、地道な努力が楽しんでできる
    • リズムに合わせて体を動かすのが好き

    バレエのレッスンの日々の積み重ねは基本的に地味です。ストレッチが重要になりますし、舞台の上のような華やかな練習が毎回行われているわけではありません。

    柔軟性はもちろん日々のストレッチで高めることはできます。ただ、ガチガチの子が始めるのと、もともと柔らかい子が始めるのでは最初の入り口としてハードルの高さが変わってきます。本人が楽しんで努力ができ、バレーが好きという気持ちがあれば、身体は硬くても問題ありません。

    バレエを始める前に

    何となく、費用面からも躊躇してしまうバレエですが、バレエ自体はとても健康にもよい習い事です。

    子どもが習いたいけど費用で・・・と思っている場合は、カルチャースクールのようなところを探してみるとよいでしょう。舞台を借りての発表会を行っている場合はどうしても高額になってしまいますし、また自分たちで一定数量チケットを売りさばかなくてはいけないシステムの場合もあります。万が一さばけない場合は、買取となったりするため、それもプレッシャーです。

    すべての教室がそうではありませんが、教室によってやり方や方針は様々です。コストがかかりがちな習い事だからこそ、しっかりとリサーチをしましょう。

    入会金に関しては、キャンペーン等で無料になる場合もあるでしょう。また兄弟割引などもある場合があります。うまく利用しましょう。