• クリスマス
    クリスマス,  贈り物・プレゼント・ギフト図鑑

    クリスマスについて クリスマスの過ごし方とクリスマスの準備~片付け

    クリスマスといえば、街はイルミネーションでライトアップされ、街中が明るい雰囲気に包まれます。

    恋人がいない人にとっては何となく寂しい季節に感じるかもしれません。そんな時はクリスマスを家族や友達と楽しむイベントにすれば、いい思い出になるでしょう。

    クリスマスの由来

    クリスマスとは、もともとキリスト教の宗教的な意味合いのある日です。

    12月25日はイエス・キリストの降誕祭で、生まれてきたことをお祝いする日のことです。イエス・キリストがいつ生まれたのかは定かではなく、聖母マリアのもとに生を受けたことをお祝いする日として始まりました。

    同じキリスト教でも宗派によって解釈は様々のようです。12月24日は前夜祭とされますが実際には、ユダヤの暦の関係で日没から一日が始まったため、12月24日の夜からクリスマスが始まるとされます。

    『Christmas』 英字表記すれば分かりやすいですが、Christ-masつまりChrist《キリスト》mass《礼拝》

    つまりキリストのミサを表しています。

    クリスマスの過ごし方

    クリスマスといえば・・・何を思い浮かべるでしょうか?

    『プレゼント!』『サンタクロース』『そり』『クリスマスツリー』『恋人』『チキン』『ケーキ』などが思い浮かぶでしょうか?

    人によって思い浮かぶものは様々かもしれません。実はこのクリスマスの風習細かいことは日本とほかの国でも違うことも多くあります。

    海外の人にクリスマスといえば?と質問してみたら、『ターキー』や『ファミリー』『プレゼント』『ショッピング』『ホリデー』なんて言葉が出てくるでしょう。クリスマスが宗教のイベントではなく楽しむためのイベントとなっている日本では、かなりアレンジされている部分も多いのです。

    例えばチキンを食べる習慣は、クリスマスがキリスト教のお祝いというよりは一つのイベントとなっている日本特有のもので、キリスト圏ではチキンではなく七面鳥を食べるのが一般的です。

    日本では七面鳥が手に入りにくく、代わりにチキンを食べるのがメインとなっていますね。

    アメリカやヨーロッパの人たちから見たらなぜ日本人はクリスマスにケンタッキーを食べるのか不思議なようですが、日本人なので思い切りチキンを食べて楽しみましょう☆

    クリスマスを楽しむための伝統のお菓子もあり、これは国によってさまざまです。

    イタリア:パネトーネ

    ドイツ:シュトーレン

    フランス:ブッシュドノエル

    イギリス:クリスマスプディング

    日本でも、クリスマスケーキ以外にこうした外国の伝統スイーツを手軽に楽しめるようになってきました。

    そして、クリスマスフラワーとして有名な『ポインセチア』。クリスマスカラーの赤と緑がクリスマスにぴったりの植物です。日本でもクリスマス前になるとポインセチアの鉢植えがお店に並んでいますね。

    緑は愛や命を象徴し、また永遠を表します。赤はキリストが私たちに永遠の命を与えた際に十字架に引っ掛かって死んだ祭の血を表すとされています。

    赤いポインセチアの花言葉 『祝福する』『幸運を祈る』『聖夜』

    クリスマスが恋人と過ごすものというイメージが強いのはキリスト教信者ではない人たちのもので、キリスト教圏の人たちは、家族と過ごします。年に一度、家族や友達に贈るためのたくさんのクリスマスプレゼントの用意をし、クリスマス休暇を利用して、里帰りをします。日本のお正月のような感覚です。

    日本でも、クリスマスには子どもや恋人そして友達にプレゼントを用意して楽しみますね。

    そして、チキンを食べクリスマスケーキをデザートにいただくことが一般的となっています。

    クリスマス前の準備

    クリスマスツリー

    クリスマス前から街はクリスマスカラーに染まりますね。では実際どのくらいから準備を始めるものなのでしょうか?

    日本では12月もしくは11月の終わりごろからクリスマスツリーの準備を始めるかと思います。最近では年々早くなってきていてハロウィンイベントが終わったらクリスマスモードになるところもあります。

    ヨーロッパではアドベントといって、12月25日の4週間前の日曜日から始まる1か月間が、イエス・キリストの降誕を待ち望む期間としてクリスマスデコレーションやプレゼントの準備期間となります。

    その間、アドベントカレンダーというものを利用して、クリスマスまでの指折り数えます。

    アドベントカレンダーとは全部で24個の窓が付いた、プレゼントボックスのようなカレンダーで、その日付の窓を開けると、中に絵や聖書の言葉、またはお菓子やチョコレートなどが入っているものです。

    アメリカでは11月第4木曜日のサンクスギビングデーが終わったのを合図にクリスマスデコレーションが始まります。

    各国それぞれに風習があり、一律で決まっているわけではないということです。

    日本ではキリスト教信者以外の方にとっては一般的に大きく宗教的な意味は持たないため、イベントのように12月が近づいたら準備を始めるのが一般的でしょう。

    アドベントカレンダー
    アドベントカレンダー
    アドベントカレンダー

    クリスマス後の片付け

    アメリカやヨーローッパでは1月6日までにクリスマスツリーを片付けるようです。

    1月6日を過ぎると日本のひな人形のようにBad Luckとされています。

    日本では年末大晦日やお正月が待ち受けていますので、クリスマスが終わり次第すぐに片づけてしまうことがほとんどです。

    日本ではクリスマスプレゼントがクリスマスを一番盛り上げてくれますね。ハッピーになれるプレゼント探しができるといいですね!

    彼氏彼女へのクリスマスプレゼント

    子どもへのクリスマスプレゼント

  • gift
    贈り物・プレゼント・ギフト図鑑

    お祝い・お礼・プレゼント・ギフト図鑑

    一年でプレゼントや贈り物の機会は何回あるでしょうか?家族構成によっても違うかもしれませんし、親戚づきあいの多さによっても違うでしょう。そして時代とともに習慣が薄れてきているものも多くありますが、それが故に贈る前提としたときにいざ何を贈ったらよいのか困る贈り物もたくさんあるのではないでしょうか?

    送りたい側が相手が喜んでくれる贈りものを贈ることは大前提ですが、実は色々なマナーも存在します。気心知れたお友達ならそこまで気にする必要はない場合もありますが、やはり大人として知っておくと便利なこともたくさんあります。
    あまり難しいことを考えすぎる必要はないかと思いますが、知っておいて準備するのと知らずに準備するのでは違います。

    嬉しいプレゼントからどうしようか迷ってしまうものまで見ていきましょう。

    お祝いやお礼・プレゼントやギフトを贈るイベント

     

    ざっと思い浮かべただけでもこんなにたくさんのお祝いやお礼などプレゼントや贈り物を準備する機会はこんなにたくさんあります。

    目上の方などに贈るお中元・お歳暮といったものは相手の好みなども把握していないと贈りづらく、相手先によっては比較的気を使うのではないでしょうか?また入学祝いや誕生日、クリスマスプレゼントといったものは選ぶものが楽しいですよね。楽しく・正しくギフト選びをするための参考にしてみてください。

    贈り物にはマナーも多く存在します。贈り物を選ぶにあたって一番気になることや気を使うことはどんなことでしょうか?

    『熨斗が必要かどうか分からない!』
    『予算はどのくらいが適切だろう?』
    『血縁関係は薄いけど・普段の付き合いはあまりないけど贈るべき?』
    『趣味嗜好が分からないから何を選んだらいいのかな?』
    『義実家・実家へ贈る時はどうするべき?』
    『贈るタイミングってあるの?』

    など周りとの付き合いが増えるほど、疑問も増えてくるのではないでしょうか?

     

    地域によって贈り方や時期の違いがあったりします。贈り物は基本的に相手への気持ちですので、できるだけ相手側の風習に合わせるのがマナーとされています。今は昔ほどマナーにはうるさくない気はしますが、ビジネスや目上の方などへの贈り物には正しく気を遣って喜んでもらえるといいですよね。特に年配の方はマナーを重んじる方もいらっしゃるので、タブーも知った上で楽しくギフト選びができるといいですね!

    贈り物を贈る機会は昔に比べたら少なくなってきているのかもしれません。お中元やお歳暮がその例ですが、お中元やお歳暮など大層なものでないにしても、お世話になっている方へは普段さりげなく贈り物ができたら素敵ですよね。

    贈り物
    出産
    ギフトカード
    のし紙

    【のし選び】

    正式な贈り物につける熨斗には意味があり種類も色々です