• トランポリン
    トランポリン,  子どもの習い事

    子どもの習い事【トランポリン】

    トランポリンは楽しく遊べる子供のレジャーというイメージも強いのではないでしょうか?子どものころ遊びでトランポリンをしたことがあるけれど、大人になってトランポリンを飛ぶ機会は少ないのではないでしょうか?

    トランポリンは簡単そうに見えて実はハードな競技です。正しい跳び方を学ばなければ、怪我につながる可能性もあります。

    最近はちょっとしたブームもあってトランポリン施設も増えてきました。そのおかげで、トランポリン教室も少しづつ人気になってきています。3歳くらいから入会可能な教室もあります。

    トランポリンの月謝とその他費用

    月謝

    6,000円~8,000円(週1回)

    9,000円~12,000円程度(週2回~3回)

    体操教室やスポーツクラブで行われているトランポリン教室やトランポリン施設で行われているトランポリン教室もあります。

    通う回数によって月謝も変わってきます。

     

    その他費用

    入会金 0円~10,000円

    年会費 0円~10,000円/年

    事務手数料 1,000円~3,000円

    スポーツ保険 1,000円~2,000円程度/年

    ユニフォーム 5,000円程度

    バッグ 2,000円程度

    競技検定 3,000円程度

    所属する教室にもよりますが、大体この辺りが必要になってくる費用です。キャンペーン等で入会金等が無料になる場合もありますし、入会金が必要ない教室もあると思います。入る前に確認をしておくとよいでしょう。

    トランポリンのメリット

    1. 運動不足解消
    2. 全身運動ができる
    3. 体幹が鍛えられる
    4. 脳の発達を促す
    5. 楽しみながら運動できる
    6. 低年齢から始められる
    7. 個人競技なので、自分の努力を素直に認めることができる

    楽しく運動ができるトランポリン正しく飛ぶコツを身につければ、大技にチャレンジすることもできます。

    トランポリン

    運動不足解消はもちろん、見た目以上にきつい運動ですが、体幹を使って技をこなすため、かなり体幹が鍛えられていきます。ハードな割に楽しんで行うことができる競技です。

    上下運動を行うことで、運動感覚の統合にもつながったり、同時に楽しさも手伝って脳へのいい刺激が入ります。

    トランポリンのデメリット

    1. 怪我につながりやすい
    2. 近くに教室がない場合がある

    トランポリンはばねの付いたマットの上をぴょんぴょんと跳んで技を繰り広げるため、きちんと着地ができなければ大きなけがにつながる可能性があります。

    また田舎の地域ではトランポリン教室がない場合もあり、遠方まで通う場合は親の負担が大きくなることもあるので、しっかりと考えましょう。

    トランポリンが向いている子

    • 体を動かすことが好き
    • ジャンプが好き
    • ものおじしない

    比較的低年齢から楽しんで始めることができるトランポリンは体を動かすことが好きであれば、負担なく続けることができるでしょう。また、技をチャレンジするにあたって、ものおじしない性格はアドバンテージとなるでしょう。

    ジャンプが苦手な子でも、跳ねることで膝を使う練習にもなり、鍛えられていくでしょう。

    トランポリンを始める前に

    まずは体験教室などで、トランポリンがどんなものかを経験してみるとよいでしょう。遠方にしかない場合は、実際送迎等も含めてどのくらいの負担になるのかもしっかり考えてから始めましょう。

    トランポリンは運動が苦手な子でも楽しんでできる競技のため、手軽に始めることができます。トランポリンによる全身運動で体幹が鍛えられ、運動が好きになる可能性もあります。

    小さいうちに始めるのが難しいスポーツもある一方、トランポリンは低年齢でも始められる楽しいスポーツです。元気があり余っている子どもにとってもぴったりの習い事かと思います。

    バッジテストなどもあり、昇級していくことで子供のやりがいにもつながりますし、丁寧に努力を積み重ねて技を磨くため練習することも必要です。
    上級になってくると、二人で動きをシンクロしたりする技なども出てきます。

    教室によっては、競技検定に積極的なところとそうでないところがあるかもしれませんので、目的に合ったスクール選びができるといいですね。