• バレーボール
    バレーボール,  子どもの習い事

    子どもの習い事【バレーボール】

    小さい子の習い事としては比較的マイナーなバレーボールですが、小学校3年生くらいから始められる教室が多くあります。年齢的にバレーボールとして成立するのは小学3年生くらいからになります。

    幼児期からの習う場合は主に、遊びながら、ボールに触れることが目的になるでしょう。

    バレーボールの月謝やその他費用

    月謝

    クラブチーム 6,000円~10,000円

    地域の教室 1,000円~

    市区町村が主催している地域のチームですと月に1,000円くらいからリーズナブルで行っている場合がほとんどです。

    月謝

    その他費用

    入会費 3,000円~10,000円

    年会費 0円~

    スポーツ保険 1,000円~2,000円

    バレーボール 3,000円~

    シューズ 3,000円~

    ソックス 1,000円程度

    練習着 3,000円~

    サポーター 2,000円~

    ユニフォーム 10,000円程度

    ジャージ 5,000円~

    バッグ 2,000円~

    テーピング・アイシング 1,000円程度

    通うスクールによっても違いますが、スクール指定のバッグやジャージが必要になる場合があります。集団スポーツのためチームのジャージも必要です。思っていたより意外と道具などにお金がかかるイメージでしょうか。

    選手などに引っ張られると、さらに費用が掛かると心得ておきましょう。

    バレーボールのメリット

    1. 運動不足解消
    2. 身体能力の向上
    3. 協調性が身につく
    4. 礼儀が身につく
    5. 仲間への思いやりの心

    友達が増える

    バレーボールを始める理由はそれぞれかと思いますが、運動不足解消になったり、身体能力の向上につながります。

    また、集団スポーツのため色々な仲間とコミュニケーションをとる必要があり、次第に協調性も身につくでしょう。

    バレーボールのデメリット

    1. 怪我がつきもの
    2. 親の負担が大きい場合がある

    足や指のけがは日常的に起こってしまいまうスポーツです。強いボールを指で受けたりして突き指をすることが多いでしょう。

    また、通う教室・スクールによっては親の負担が大きい場合がありますので、前もって確認するとよいでしょう。

    バレーボールが向いている子

    • 身長が高い
    • 瞬発力がある
    • 体を動かすことが好き
    • 積極性がある
    • 努力ができる

    バレーボールが好きということが条件となりますが、それ以外にはネット際で競り合うスポーツでもあるため身長が高いことは有利となります。もちろん成長過程で身長が伸びていきますし、リベロのようなポジションもありますので瞬発力があれば小さいからといって向かないというわけではありません。

    積極性がある方が、ボールを拾いに行くうえでもチームメイトとコミュニケーションをとるうえでもアドバンテージとして作用します。

    どんな子でもバレーボールが好きで努力ができる子であれば、あきらめる必要はありません!

    バレーボールを始める前に

    比較的手軽に始められるバレーボールですが、入ってから後悔しないためにも前もって下調べをした方がよいでしょう。

    チームによって方針も大きく違いますし、試合が頻繁に行われるチームもあれば技術練習がメインのテクニカルスクールのようなチームもあります。調べずに入ってから後悔するより、調べて知識を持って入った方が継続につながります。

    チームプレーのため、親の出番が多いケースもあり、その場合はほかの親との連携が必要となります。そのあたりの雰囲気も含めて観察したり質問したりするとよいでしょう。

    まず体験教室があれば是非参加してみましょう。