• 合気道
    合気道,  子どもの習い事

    子どもの習い事【合気道】

    人気の武術の一つに合気道がありますが、親御さんが合気道を習っていた場合は、自分の子供にも習わせたいと思うこともあるでしょう。

    合気道は勝ち負けを規則ことに対しては否定の武術のため、試合はありません。相手の攻撃に対しての投げ技や固め技に応じていくスタイルです。一般的に言われる力が必要ないというのには語弊があるかもしれませんし、小さなお子様が習う習い事としては危険もあるようです。

    男の子だけでなく、女の子でも始めやすい武術として人気があります。護身術として習っておきたいとくのがきっかけになることもあるようです。

    合気道の月謝とその他費用

    月謝

    1,000円~10,000円

    運営の母体によって大きく事なりますが、公民館や武道館で市町村主体で行われている場合は、月々1,000円程度から始めることができます。

    その他費用

    入会金 0円~10,000円

    スポーツ保険 1,000円~2,000円/年

    道着(袴) ~10,000円

    木剣・杖 10,000円~15,000円 ※必要かどうかは教室により異なる

    昇級審査 2,000円~
    ※年齢等によって異なる

    揃える道具も少なく、試合等もなくほかの習い事に比べて比較的費用が掛からないため、始めやすい習い事ではないでしょうか?

    合気道のメリット

    1. 礼儀礼節が身につく
    2. 運動不足解消
    3.  護身術が身につく
    4. 精神力が身につく

    武道は礼儀作法を学ぶにはよい場所となります。試合こそないものの、武術としては一般的に言われる『合気道=力が必要ない』というのはあながち嘘になります。

    小さい子であれば相手からの攻撃技を受けるのに力も必要になりますし、正しく合気道を理解するのには難しいと言えます。

    ただ、礼儀礼節や護身術を身に着けるにはとても良い場となります。

    合気道のデメリット

    1. ルール等が意外と難しい
    2. 怪我をする可能性

    合気道は試合等もなく簡単に始められると思われがちですが、意外とと難しい武道で、小さい子には理解が難しい場合があります。

    また、力が必要ないとも言われることがありますが、相手の攻撃を受けるため力が必要な場面も当然あります。

    また、怪我も少ないと思われがちですが、先生方の努力によって抑えられている部分もあり、ちょっとしたことで危険な場面に出くわすこともあるでしょう。怪我は覚悟しておく方がよいでしょう。

    合気道を始める前に

    意外とハードな一面もあるため、親のエゴだけで始めてしまうと続かない可能性もあります。

    体験教室などに行って、どんなものかを体験するとよいでしょう。同じ武道でも柔道や空手等様々あります。武道の中で習い事としてどれがよいのか迷うこともあるでしょう。

    色々考え方はあるかと思いますが、まずは子どもに色々体験をさせて気に入ったものを選ぶことをお勧めします。